【あいコミュ❤️】大切なお知らせ

 

 

 

 

 

年の瀬のご挨拶になってしまいましたが、あいコミュに関わって下さった皆さまに、大切なお知らせがあります。

 

長くなりますが、読んでもらえると嬉しいです。

 

 

*****

 

あいコミュに関わって下さった皆さまへ

あいあいキャンプで出会った仲間が『♡=あい』を込めた小さな『コミュニケーション』を重ねて、『家族のように(=コミュニティ)』になったらいいなと想い始まった、あいコミュ。

 

【あいコミュ♡】はじめまして(*^_^*)

 

2013年の立ち上げ当初から沢山の方々が関わって下さり、見守って頂き、ありがとうございました。5年目を迎えましたが、今年度2018年3月末であいコミュの活動を終了することとなりました。
一番の理由は、あいコミュの活動をするための体制が整わないことです。特に、スタッフの活動する環境の変化、キャンパーのニーズの状況など様々な点を考えて判断いたしました。

 

あいコミュ立ち上げのきっかけは、あいあいキャンプ(健常児チャレンジド合同自炊キャンプ/主催:はーと・ねっと・くらぶ)の活動が終了する時に、『スタッフをやりたかった』というキャンパーの声を聞いて「なんとかしたい」と思ったことでした。明確なビジョンがあったわけではありませんでしたが、ただただ、心に引っ掛かったキャンパーの声に応えるため、せめて一時的でも、みんなの居場所になればという気持ちで始めました。

 

 

 

 

 

 

1年目は“子どもも大人もみんながスタッフ”として、どんな活動をするかもみんなで決めようと50人のメンバーでミーティングを重ねていきました。そこで、やりたいことは、やっぱりキャンプということに改めて気づかされました。ありがたいことに、はーと・ねっと・くらぶのマージンの紹介で倫理法人会の方々の協力の下、1年目からいきなりキャンプを実施することができました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年目はメンバー間のコミュニケーションを取る機会を作りながら、あいコミュらしいキャンプをやるぞと、あいあいキャンプ元キャンパー保護者さんが管理されている自然豊かな土地で準備をしていきました。しかし、近くで土砂災害が起こり、ギリギリまで協議し、安全を考慮して、中止しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年目はスタッフ不足を補うために、まずは集まりやすく安全に、かつ自分達らしいキャンプが出来る場所を探しました。そこで初めて、自分たちだけで、小さな自炊キャンプを行いました。3人のキャンパーからは『遊びに自炊に、やりたいことは全部やった!』と感想をもらいました。その後には、キャンパー&保護者さんの自主企画で小さな集まりも開催されました。

 

 

 

 

 

 

4年目は団体としての方向性を明確にしようと「防災にも役立つキャンプ」とテーマを新たに掲げました。しかし、参加者が集まらず、スタッフ3人と知人の大人だけのキャンプとして実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動の度に私たちの想いや活動内容を振り返り、改善してきましたが、参加者が集まらなかったことを考え気づいたことは、

●あいあいキャンプを体験したみんなが魅力と思っていたであろう、「みんなと一緒に自炊キャンプを通してチャレンジをしたり、分かち合ったりすること。」について、この魅力や価値を実感する以上に、運営するスタッフの負担が大きなものとなっていた。(原因は、キャンパーやスタッフの人数が少ないことでキャンプへの一体感やキャンパー同士で遊ぶ楽しさを十分に実感できていなかったり、キャンプを初めて運営するスタッフにとっては、準備が予想以上に大変で、魅力や価値を実感する以上に負担となっていたりしたのではないか。)

 

●子ども達の憧れとなるお兄ちゃんお姉ちゃんがいなかった。=仲間不足。活動を継続するためには新しいメンバーも必要であった。元あいあいキャンプキャンパーのための居場所作りが立ち上げるきっかけの一つとなっていたため、積極的に募集しなくても参加してくれる人のためのキャンプになっていた。

 

●長く続けるために、みんなが無理なくできることを持ち寄るイメージをしていたものの、それを補う仕組み作り(コミュニケーションの機会、主体的な役割分担)が必要だった。また、そもそも、団体として、参加者が無理なく集まれる居場所を作るのか、目的のために、しんどいことにもチャレンジしていく活動なのかが、曖昧なままだった。
ということでした。

 

立ち上げ当初は、小さな集まりをする中で、みんながやりたいことをゆっくりと決めていくことが居場所になり、活動になると思っていましたが、頭の中には、あいあいキャンプで体験させてもらったような成長への期待があり、規模も活動も違うのに同じ視点で活動をしようとしていたのだと気が付きました。

 

また、5年前、目の前でキャンプがなくなって残念そうにしている子ども達のために「何がなんでも居場所を作りたい!」という湧き出る情熱があった当初とは違い、今はその想いが揺らいでいる状態で、活動を続けるべきでは無いと思っています。

 

今になって気づき、がっかりさせてしまった方々には申し訳ないのですが、小さくても想いのある人たちとキャンプができ、迷いながらも想いに素直に向き合い、チャレンジをさせてもらったこと、所属していただけでは気づけなかった振り返りと体験の数々に、感謝してもしきれません。そして、どんな環境でもチャレンジした子ども達、スタッフのみんな、大事なお子さんを預けてくれた保護者の方々、子ども達のためにと、協力して下さった方々や、理念をもって活動を続けている方々、皆さんへの感謝と尊敬は止まりません。

 

あいコミュの活動は終了しますが、あいコミュで大事にしたかったこと、子ども達の生きる力を育む活動を大事にしたいという想いは変わりません。またご縁がある時は、よろしくお願いします。

 

最後に改めて、何度言っても足りませんが、あいコミュに関わって下さった皆さま、見守って下さった皆さま、チャレンジさせて下さった皆さま、本当に、本当にありがとうございました。

 

あいコミュ   マギー パックン

 

 

 

 

♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡

あいコミュは、「はーと・ねっと・くらぶ」が主催する「チャレンジド(障害児)・健常児合同キャンプ[あいあいキャンプ]」活動に参加した元スタッフ有志等が創る任意団体です。
はーと・ねっと・くらぶのページを借りてお知らせ等をさせていただいています。
あいコミュからのお知らせは【あいコミュ♥】とタイトルに表記してお知らせします。

Facebook にシェア
GREE にシェア
[`tweetmeme` not found]

3 Comments

  • By 田中, 2018年1月8日 @ 1:42 PM

    5年間にわたり大変お疲れさまでした。
    大変だったと思いますが、それ以上に大変重要な体験をされたことだとも思います。
    この世が「正解」を求めるためにあるのではなく、あらゆることを「体験」するためにあるのだと仮定するならば、中々できない体験をされたことになるのでしょう。
    今はまだそのすべてに「気づき」が生まれないとしても、数十年のうちに一つ一つの「気づき」となって生まれ変わることでしょう。
    楽しみにその時を待ちましょう。
    最も「今の努力」なしでは「気づき」も生まれませんから、今の「生活」を頑張りましょうね。
    お疲れさまでした。
    そしてありがとうございました。

  • By マギー, 2018年1月10日 @ 11:30 AM

    マージン、震えながら手を上げたあの日から、仕舞いまで見守って頂き、本当に有り難うございました。目の前の生活に向き合いつつある今、この5年間の有り難さは増し、でもただ懐かしむのではなく、うまくいったことも、いかなかったこともしっかり胸に仕舞い、目一杯これからの日々に向き合い、子ども達の「やりたい」を支える大人になります。
    「有り難い」と、本当に思える体験をさせて頂き、本当に有り難うございました。

  • By ぱっくん, 2018年1月17日 @ 12:00 AM

    マージン、マギー、まずはあいコミュとして5年間一緒に関わらせていただきありがとうございました。
    この5年間は生活環境も大きく変わり、なかなか思うように行かないことも多々ありました。
    ですが、このような環境に居ることができたことが何よりも感謝の一言です。

    マギー(おでんくん)に言われたことの中に、「こんなにもあいコミュに対して・・・パックンを突き動かすものって何?」ということがありましたね。

    あいキャンやあいコミュが素敵だと思えること、何かしら続いていってほしいと思えること、あの当時の夏のキャンプの体験を子どもたちに、少し年上のお兄さんお姉さんに、地域の人に、私たちに、また味わってほしいと思い続けられるからだと思います。

    そこには、並々ならぬ覚悟と日々の行動が付き物ですが・・・。

    あいコミュが仕舞いとしても、これからもいろんな形に変えて伝えられることや行動できることもあると思います。

    最後までやり続けましょう。
    マギーまだまだよろしくお願いします。



Other Links to this Post

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment