【あいコミュ❤️】冬の始まり

こんにちは。
パックンです。

久しぶりの休日です。
約1ヶ月、お仕事でこの一年で一番忙しい時期を過ごしていました。
無事に終えることができ、ほっとしています。

この1ヶ月のお仕事の一つに以前に紹介した子ども食堂に、日本と韓国の大学生を連れてわずか数時間でしたが、
本当に密度の濃い時間を過ごさせていただきました。

 

当日の子ども食堂では、ようやく立ちだした1歳ぐらいの子どもから小学校高学年の子どもたちまでを中心に、そこに近所のお母さんやお父さん、おじさん、おばさんが集まり、みんなで遊び、食事をしました。

 

日本と韓国の大学生はというと、子どもたちに向けて韓国の文化を知ってもらうために、韓国の遊びを紹介したり、一緒に体験したりと、普段知りえない韓国のことを知ってもらうために一生懸命に動いていきました。

 

そんな、大学生をよそに、私の個人的なヒットした部分は、

 

遊びでも食事でもなく、食事後の「後片付け。」

 

週に1回、毎週金曜日に実施している子ども食堂といういこともあり、
普段から通いなれている子どもたちは、

 

合図と共に立ち上がってお皿の片付けを開始。

 

その横で小さな子どもたちは土間をぐるぐるとモップとほうきを持って移動したり、(ほうきを持って少し年上の小学生のお兄ちゃんのまねをしている様子でした。)

大人も子どもも関係なく、洗い終わったお皿を次から次へとふきんで拭いて、棚に戻していく様子は、

キャンプさながらの雰囲気と一体感がありました。

そこに推されるように大学生たちも雰囲気の中に加わって、
あっという間に約70人分の食事の後片付けが終わりました。

 

最後のマスプログラムでは、
じゃんけん大会で大盛り上がり。

子どもたちに韓国のことを知ってもらおうと企画して臨んだプロジェクトは、
子ども食堂のスタッフの思いと重なり、無事に終了することができました。

 

子どもたちとお別れをした後、
最後に、この場所に子ども食堂を立ち上げたスタッフの方の話を大学生に聞かせていただきました。

 

「子ども食堂をはじめてから今まで、つらいと思ったことは一度もない。」
「それは私が創ってきたからこそ、私次第でなんとでもなるからと思っているから。」
「私がチャレンジすれば、そのチャレンジ次第でできることがたくさんある。」
「私は貧乏な家庭で育ったけれどもそれが不満に思うことはないし、この育ってきた環境が私をつくってくれたと感謝している。」
「私が生きている限りは、1人でも多くの人に幸せになってほしいと願ってお返ししたいと思っている。」

 

大学生にとってはとても衝撃的な言葉として受け止められていたようでした。

この体験が少しでも一人ひとりの心の琴線に触れて、
今後の日本と韓国の大学生の交流と未来につながっていってほしいと思っています。

お仕事体験話となってしまいました。

 

今日は立冬です。
冬の訪れには、まだまだ秋を感じさせる1日ですが、
これから春に向けて、いろいろと準備をしていかなければですね。

 

♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡

あいコミュは、「はーと・ねっと・くらぶ」が主催する「チャレンジド(障害児)・健常児合同キャンプ[あいあいキャンプ]」活動に参加した元スタッフ有志等が創る任意団体です。
はーと・ねっと・くらぶのページを借りてお知らせ等をさせていただいています。
あいコミュからのお知らせは【あいコミュ♥】とタイトルに表記してお知らせします。

Facebook にシェア
GREE にシェア
[`tweetmeme` not found]

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment