おっさんたちの舞踏会

薬は飲んでいるものの、咳は相変わらずの状態のまま、5月24日 8:00自宅を出発。

もちろんバイクではなく、車で。

 

こんな状態で長距離バイクに乗れば、排ガスや紫外線で大事になること請け合いである。

一昔前の私なら、ためらうことなくバイクを選択したのは間違いないが、

今の私は一味違う。(笑)

今の私は、普通人の考え方が身に付き始めたのだ。(爆)

 

っていうくらい昔は狂ってました。

 

少し普通になれてうれしいです。

でもカメラ忘れました。スマホでごめんなさい。

 

 

片道4時間半ほどかけて、島根県美保関の美穂神社へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島根でも、はずれのはずれにあるという感じの場所ですが、日本海に突き出た半島はとても美しい場所でした。

自然の失われない場所を求めて、落ち着かれているような気がいたしました。

 

出雲大社のご祭神である大国主神の御妃様である美穂津姫命と、その第一子である事代主神(えびす様)をご祭神とする、全国のえびす総本山でもありますが、

明日お参りさせていただく出雲大社と、この美穂神社をお参りすることを、えびすだいこく両参りといって、ことさら大切にされてきたようです。

ご縁に感謝ということで、感謝奉納させていただきました。

 

それにしても国の重要文化財である社殿は見事なものでした。

国造りの土地の持つ不思議を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参拝後、昼食を兼ねて立ち寄った美保関灯台。

広がる日本海を見渡しながら旅の風に吹かれ、

灯台を改修したレストランで頂く「いかめし」のうまいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖の御前島

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中の男女岩も素敵でした。(この旅は一人旅ですが・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて仲間と待ち合わせの場所に向かう時間ですが、その途中の弓ヶ浜の景色もいいものでした。

霞がなければ、伯耆大山がくっきり海の上に見えるはずなのですが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ち合わせ予定時間に足立美術館に到着。

久しぶりのメンバーと握手を交わして回ります。

そのあと、すでに4回目くらいかな?という館内を見て回りますが、やはりこの美術館は素晴らしい。

毎回展示内容は異なりますが、飽きさせないのと、レベルの高さが維持されているので不安がありません。

 

 

今回も皆とはぐれ(笑)、独りたっぷり楽しんでいたら、

いつの間にか、皆次の温泉宿に出発してたりなんかして・・  (爆)

まあいいんですけど、どうせ私車ですから・・

 

しかし、車のナビを生かして、近道を選択し、予定時間の半分で到着。

つじつまは合わせます。

 

 

さて、総会の前にひとっ風呂。

ここの露天風呂すごくいい!

気に入りました。

今夜3時間は楽しめそうです。

 

 

 

 

総会も無事終わり、いつもの宴会へ。

サプライズで還暦祝いのスペシャルキャップをいただきました。

ありがとう。。

ちゃんちゃんこより、よっぽどうれしい!

 

 

で、皆が二次会へ乱入している間に、私は一人露天風呂へ。。

もう酒はいいです。

温泉がいいです。

 

誠に風情のある露天風呂を占領し、あっち行ったり、こっち行ったりしながら楽しみつくしていましたら、

早々に二次会を引き上げてきた仲間が数名、風呂に飛び込んできました。

 

またいつもの温泉座談会が延々と始まり、

結局のところやっぱり3時間たっぷり楽しみましたとさ。

 

このおかげかどうか、体咳は出るものの、体調は良くなりかけているような感じになってきました。

 

翌朝も当然温泉で体を温め、食べきれないほどの朝食も終え、駐車場でバイク談議に花を咲かせ、

 

 

 

 

 

いざ、

出雲大社へ。

 

 

久しぶりの出雲さんでしたが、やはり風格があります。

空気も違います。

 

このJCRCという団体は、前にも言いましたように、ただバイクにとち狂ったおっさんの集まりではありません。

なかなかに、様々な影響力を持つおっさんが多数います。

一般的には、拝殿と呼ばれる場所にての参拝となりますが、

今回は特別に、本殿の敷地に入れていただき、神主さんによるお祓いの儀を受け、そのあとも神主さんが付き添いで出雲大社の様々を語ってくださるというスペシャルプレゼンツ。

 

このお話がすばらしいもので、疑問に思っていたことも質問でき、なんかとてもすっきりいたしました。

日本の歴史は、面白いです。

ただお参りするだけでなく、もう少し内側に興味を持ってみることもお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっともっとお話ししたかったのですが、

この日の夕方に用事があるもので、そろそろ出発しなければ・・

 

一足先に皆と別れます。

 

 

帰りも静かなる満足感に満たされ、

心の安定が保たれたまま松山での用事を済ませ、

帰宅させていただいた次第です。

 

 

 

バイクには乗れずじまいでしたが、

もう車でいいかもしれないなぁなどとも考える始末。

 

バイクが「目的」ではなく、

「手段」の一つになってきたかなと思いつつ、

「仲間」はまだまだ「目的」なんだなぁとも思いつつ、

参加できたことへの喜びを感謝しつつ、

感謝を、次回の再会へのエネルギー貯金に回しておこうと思います。

 

 

あと何回行けるかではなく、

会いたくなる気持ちがある限り、

どんな手段を使っても、

努力してみたいものだと思いました。

 

ありがとうございました。

メンバーの皆々様。

 

 

 

 

 

 

これから増える? 未体験ゾーン

先週末頃から少し変だな。

疲れが取れてない?

って言ってる間に、咳が止まらなくなってきて、

さすがにたまらず、水曜日に医者に駆け込んで薬をもらったけど、

だるさと咳はまだとれていない。

 

今週末は、出雲でライターズクラブの総会があり、出席予定なのでなんとか行きたい。

めったに病気にならないので、なるとへこむ。

会社には毎日出ているが、昨日より夕方早めに帰宅して寝るようにした。

今日もこれから寝る。

 

黄砂も毎日酷く飛んでるし、一緒にPM2.5やウイルスも飛んでんだろうなぁ。

毎朝の掃除のたびに、巻き上がるホコリを吸い続けた結果なのね。。

おかしな咳で、熱もない未体験ゾーンだったので対処が遅れた感がある。

新種の細菌ウイルス増殖中かも。

 

知り合いも同じように苦しんでいたので、皆々様もちょっと変なら、早めに病院か、おねんねされますように。

 

 

年取るといろいろしんどいぞ~ 。

 

 

雨雲の動き(実況)

PM2.5の分布図(日本気象協会)

PM2.5

 

 

 

 

 

山と温泉 ~くじゅう花公園~

5月6日

文字通り温泉三昧の後、10:00に宿を出発。

この日は、15:00に佐賀関港発のフェリーに乗れればよしの、ゆるーい一日。

ちょうど帰り道にある、くじゅう花公園にまたまた寄り道。

 

最後にお花畑を楽しんで帰ろうという感じです。

 

九重連山のふもとで、見事なコラボレーションを見せてくれる場所でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、

 

いやあ、

贅沢言ってはなんねぇんですが、

自然むき出しのお山遊びをした体では、

どうにもこうにも人工庭園が物足りなくて・・・

 

 

いけませんねぇ、

人間がある意味贅沢になっちまって・・

 

 

体と心の感度のレベルが変わってしまうようです。。

 

まぁたお山に行きたくなってきます。(笑)

 

こんな調子ですが、

今年はボチボチ登ろうと思います。

 

参考にならないかもしれませんが、またご紹介させていただきますね。

 

是非皆様も自然の中へ、

踏み込んでいただきたいと思います。