やけっぱち・・・ らしい。

3月2日の土曜日、昼前におふくろより電話あり。

親父の様態がおかしいとのこと。

前日より調子は悪かったようだが、本人希望で医者にはいかず、寝て治すつもりであったらしい。

前日よりの吐き気が収まらず、ついに白旗が上がった様子。

駆けつけてから救急車手配。

付き添いでかみさんと救急病院へ。

吐き気ということで脳のCTも含めて調べていただいたものの異常なし。

私の見積もりでは「風邪」でも引いたか? であったが、医者の見解も同じようなものであった。

ただし、水分も食事も2日間ほどできてない状況故、その場で入院となる。

昼と夜の気温差が激しい季節。

年寄りでなくても注意が必要な季節。

 

数日後、体調もだいぶ回復し、トイレも何とか行けるほどになったのだが、看護師との約束を無視し、ひとりでトイレからベッドに帰る途中に転倒。

膝から出血。

 

「アホ」である。

 

まあこんな調子のことが今までもあったのであるが、これからもあるであろう。。

 

 

千葉では、息子の第二子が今週誕生の予定。

行かねばならぬ。

 

おまけに娘の彼氏が、上京の折にお話が・・・

会わねばならぬ。

 

仕事も行かねばならぬ。

 

 

おおっ、中々充実した人生ではないか?

いいぞいいぞっ!

これでなくっちゃあ、俺らしくねえってもんよ。 (苦笑)

 

やけっぱっちでごめんなすって。

しばらく頑張りマース!

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment