堪えたおじさま

災害ボランティアをライフワークとしている高齢の男性が、山口県周防大島で行方不明になった男児を見つけられたことは記憶に新しいと思います。

その男性の記事のご紹介。

 

「お金で幸せになれる?」 というテーマですが、果たして彼はいかような意見を述べられたのか?

ご紹介させていただきます。

 

 

尾畠春夫さん  (ボランティア)

 

“ お金が好きです。 頂いたご恩にお返しするため、ボランティアをしたいので必要です。

貯金はなく、月5万5千円の年金で生活していますが、やりたいことをやるのに足りるので十分です。

 

食べるものがなかった戦後、小学5年生の頃に母を亡くしました。 栄養失調だったと思います。 41歳でした。

その後、7人兄弟の真ん中の私だけ農家に奉公に行きました。 必死に働き、馬の餌を横から盗み食いしていました。

 

中学を卒業後、大分県別府市の魚屋で生活しながら働き始めると、白米のご飯、炊いた魚が山盛りで出てきた。 旅館かと思い感激しましたね。

そこで3年、山口県下関市でフグの修行を3年しました。

 

その後、神戸に出ると、ある魚屋で「店員募集、保証人2人 履歴書」という貼り紙を見つけました。

保証人はいなかったけど、「修行させてもらえませんか」とお願いしました。

ハモや太刀魚をさばいてみろと言われ披露すると、「今から働け」と。

親方にいくら欲しいのかと聞かれ、 「仕事ぶりで決めてください」と伝えると、

別府では月に200円、下関は300円だったのに、6千円もくれました。

びっくりしましたよ。

 

29歳のとき、貯金をはたいて別府市に魚屋を開きました。

お客さんがお客さんを連れてきてくれて、一度も赤字になったことはありません。

おまけをすると、別の機会にそれ以上の魚を買っていってくれるんです。

 

「かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め」という言葉が好きです。

私は出会いに恵まれ、2人の子を育てるのに十分なお金も稼げました。

 

世間に広く恩返ししたいと65歳で店をたたみ、慰霊登山や奉仕に力を入れ始めました。

 

自宅近くの道路では、草刈りをしています。 バイク走行中に脇から伸びていた草をよけたため、追突された死亡事故があったことがきっかけです。

「うれしい」という言葉を聞きたくて続けています。

 

今の日本は幸せな国じゃない。

引きこもりや自殺者が多すぎる。 「死にたい」という人の話を数日間聞くこともあります。

「人生、終わるまで楽しみましょうよ」と言います。

命は一つ。 人生は一度。 せっかく親からもらった命を無駄にしちゃいけん。

 

金の力を借りて人を泣かせるのはいけないけど、金を使って派手な暮らしをするのもいいと思います。

ただ私は、やりたいことさえできれば十分なので、寄付の申し出も断っています。

将来は、沖縄のガマに行き、死にたくないのに自ら命を絶った人の骨をきれいに洗わせてもらいたい。

 

中学は合わせて4か月しか登校できなかったので、85歳になったら夜間学校にも行きたい。

最低でも、あと50年は生きたいですね。 ”

 

 

 

 

 

ここで言葉をはさむことくらいダサいことはないと思いつつ、

 

こんなにシンプルに、

人生を、

経営を、

生き方を、

考え方を、

智慧を語った人を、

私は知らない。

 

有名な誰それの言葉より、

コンサルタントの言葉より、

素直な心のままに、体験を通して身に付けたその魂の崇高さが、全てをつつみこむ。

 

文句や言い訳を先に考えず、

与えられたチャンスに従い、

一所懸命にやっただけで、

こんな人になれる。

 

最高級の生きる教科書だと思いました。

 

同時に我が身のふがいなさが、露わになるわなるわ・・・

 

 

堪えました。

このおじさま。。

 

応援しつつ、少しでも我が身を正します。

 

本物はいつもひっそりと、ボロをまとって生きている。

 

 

 

 

面白すぎまんがな・・

なんか毎日が面白いです。

 

いえ、けっして面白おかしいというわけでなく、それなりに大ごとっぽいことだらけではあるのですが・・

やっぱりおもしろいです。。(笑)

 

大ごとなことも笑いとぱせるって、実にすごいことだなぁと思いますが、

なんとなく少しずつそんな気持ちになることができるようになってきたかも・・

 

なんて偉そうなことを申しておりますが、大したことはありません。

でも、以前より、少しマシな反応をできるようになったかもしれません。

 

これって、

起こっている事実は同じような事だとしても、

それに対する反応が以前とはちがうよってことです。

 

結局その反応の違いによって、心の在り方、状態が違うということでして、

以前死にそうなくらい、誰かを殺してやりたいくらい感じていたことが、

あたかも何もなかったかのように過ごせているということなのです。

 

すごくないですか?

これ?

 

えっ、

実は現実の出来事が大変だから、状態、在り方も大変なのではなく、

心は、状態は、その結果に左右されず、

独立した「存在」として、いかようにも在れるということ?

 

ひょっとして・・

自分だと思っている自分、

すなわち自我とか、エゴとかという部分は、「に・せ・も・の」ですか?

 

おもしろいですねぇ・・

 

私の中に、

実はもう一人の自分がいる。

 

しかも、

 

そのもう一人のほうが、

本当の自分かもしれない・・

 

うーん、

 

なんか腑に落ちる。

 

えっ、

そこで腑に落ちる私はアホですか? (笑)

 

まあなんだってよござんす。

感じるか否かは、

その人次第。

 

でも感じられるって、

すごいことだと今でも思います。

 

どう考えても神がかっています。

 

みんな本当は感じられるんですけど、

そのセンサーに「自我」というやつが、

覆いをかぶせている人が多いような・・・

 

自分が思うことって、

疑ってみた方がいいかも・・・

 

ですよ。

 

 

じゃあ、

何を尺度にするのか?

 

何度も何度も申し上げている、

 

「良心」です。

 

 

ここに問い合わせてみれば、

たちどころに答えが出ます。

 

 

本当にすごい「仕組み」です。

 

これに気づかないことって、

もったいないです。

 

皆それぞれに悩みがあります。

 

でも、

 

「良心」に問い合わせれば、

 

 

たちどころに、

解決してしまうかもしれませんねぇ。。

 

 

あぁ、

すごすぎる。。

 

 

なんてこの世は面白い。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまろっと  ③

これまた美しい星空の下で快眠できました。

気温も夜は寒くもなく、暑くもなく、いいかんじ。

6時には起きて展望所からご来光を拝みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼までに撤収してチェックアウトすればいいので、のんびりしながら少しずつかたずけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて11時になったころ出発し、四万十川川向うにあるある場所へ。

 

初めて行く場所ですが、地元民でも知らない人が多いというところ。

ありえない道を走りながら、なんとかその場所へ。

なんと、カフェのつもりで来たのに、そこにはグランピングの施設があり、温泉があり・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通り付近も含めて散策したのち、

「山みず木」カフェで昼食を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四万十川と太平洋のせめぎ合うところを見下ろしながら、オープンデッキで一休み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堪能したのち、スタッフとお話ししながら温泉にも入れてもらうことに・・

前日まで満員のお客さんもチェックアウトされて、温泉は無人。

家族ぶろをチョイスし、檜ぶろへGO!

おおっ、四万十川を眼下につかるお湯は、これまた絶品。

鉄分豊富な赤湯です。

あったまるのなんの・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり高知の自然はちとスケールが違います。

ちょうどよい距離感で、旅情たっぷりな場所が満載。

まだまだ知らないところだらけですが、

たーまに、ゆっくりと、

時間をかけながら楽しんでいきたいものです。

何せ心の洗濯ができることは間違いない。

 

三十年弱ぶりのオートキャンプでしたが、

またぼちぼち復活しそうです。

 

次は孫君たちと行こうかな?

あっ、 ことわられるか??  (笑)