青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
ある週末の過ごし方
2013年8月14日 | 雑記

先週土曜日に、例の「とべぶんプロジェクト」主催の「坪内さんちのつぼ」に行きました。 http://tobebunproject.o-oi.net/

松山南高等学校砥部分校を卒業してから、様々な分野で表現方法を磨いている若い作り手たちが、古民家「坪内家」を舞台に繰り広げる表現のカタチ。

そのカタチも3年目を迎え、少しずつですが確実に土台となるものが踏みしめられてきていることを感じました。

 

3X4A54263X4A5431

3X4A54343X4A54353X4A54383X4A54433X4A5452

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のメンバーたちは、あらためて自然を見つめ、観察し、そこから考えたり、発想を得たりして制作した作品を発表しました。

「pilot-fish」と名付けられた泰山咲美と フクオカアサコによる、OHP映像とひとつのカラダが古民家の一部屋で描く、小さくて大きな巡りの話は、OHPの上に作られていく即興ともいえる表現とダンスのコラボレーションが古民家という背景のチカラを借りて、ものすごくリアルであり、同時に幻想的なひと時をつくり上げていました。  裏方としてこの表現を支えるチームも、この部屋の中に同時に存在し、観客はそれを一体として見て感じることで、より豊かな想いを共有していたように思います。

3X4A54643X4A54713X4A5473

 

 

 

 

3X4A54823X4A54853X4A5490

3X4A5497

 

 

 

 

 

 

 

3X4A54993X4A55073X4A55093X4A55113X4A55193X4A55233X4A5525

 

3X4A55283X4A5530

 

3X4A55373X4A5555

 

 

そのほかにも重松まり絵による「風」の絵や、CHACOの「虫の穴」、土居亜伊の「砥部の苔」、田中まゆの「採光をみつめるのれん」(うちのお嬢)、せだゆりかの「似顔絵」、高須賀光の「過去のとべぶんプロジェクトの活動写真展」、地元の方々による流しそうめん、手造りピザの販売等々・・・

3X4A55593X4A55633X4A55663X4A55913X4A5592

3X4A5593

 

 

 

 

 

 

派手さは皆無です。

しかし、 わたしたちはこのちいさな居場所で、居心地の良い人々と共に、半日近く、一種我が家のように過ごしているのでありました。

余計なものがないことが、 いかに豊かなことであるか。

自然と寄り添うことで、 どれだけたくさんの安らぎを頂けるか。

その一見空白地帯のような場所に漂う実りを、確実に手に入れられる人々が集うこと。

その人々と共に過ごせること。

 

これは若い彼らが意図的に仕組んだものでありました。

コマーシャルに頼りすぎない。

自然に伝わる速度で人が知ること。

自分たちの手の届く範囲で頑張ること。

これらの小さいけど偉大な理念によって、本当に素晴らしい空間と時間を創造出来たのではないでしょうか。

3X4A56073X4A56083X4A56093X4A5613

3X4A56163X4A5636

 

 

 

3X4A56413X4A56453X4A56483X4A56493X4A56503X4A56523X4A56613X4A56643X4A56663X4A5675

 

3X4A56793X4A5680

 

 

この集団がますます好きになりました。

ちょっかい掛けてみたいです。。

迷惑がられるでしょうが(笑)、 でもいろんな人につなげたい。

育つ頃のエネルギーは、 美しい 。

まばゆい光は、 みんなにも届けたい ・・・

 

 

3X4A5682

 

 

 

 

そんなステキな土曜日を過ごさせて頂いた翌日の日曜日。

恐ろしい暑さに、外出する勇気が融けそうな日、夕方まで待ってやっとの思いで外出。

目的地は北条鹿島の「海とカフェ」。 https://www.facebook.com/go.kajiwara?fref=ts

3X4A5684

3X4A57053X4A5709

ここも以前から行こう行こうと思いながら、未だ行けてなかった場所の一つ。

ここのオーナーは、かれこれ以前よりなんやかんやでお付き合いのあったGo Go ゴウちゃんこと、梶原 剛氏。

大学の先生をやったり、紙芝居をやったり、お芝居をやったり、大工をやったり、イベントやったり、カレーを作ったりしながら、カフェも作っちゃったGo Go  ゴウちゃん。    (Go Go ゴウちゃんと呼ぶのは私くらいかも知れないので注意してね)

行ってきました。

突然の訪問に、完全に動きが止まってました。。(爆)

3X4A5711

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもおいしい島風とともに、もっとおいしいビールを飲みながら、 そのうち晩御飯のカレーも食べながら、 閉店後も結局スタッフの釣って来た太刀魚も頂きながら、 なんのことはない、 終電ならぬ終渡船一つ前の21:30の便まで飲んで食っちゃベっていました。

3X4A57143X4A57173X4A57223X4A57323X4A5734

 

 

 

 

3X4A57403X4A57463X4A57503X4A5753

3X4A57643X4A5768

 

3X4A57713X4A5774

 

 

カフェのアウトデッキに座り込み、 かなりいい感じの風を感じながら、 本音の話をしあいました。

いいお年の実践者同士の会話はかなり面白いです。

スタッフの若者しんちゃんも真剣に、最後まで興味深く聞いてました。

島の夕暮れが闇にかわり、同じように風も変わり、心も動いていく。

環境が作るチカラに、ここでも感嘆させられるのでありました。

それにしても「鹿島」にこんな魅力があったとは・・

北条浅海育ちの子ども時代は当たり前すぎて分からなかったことが、少しずつ分かり初めてきたような・・

それにしても、よくぞこの場所で事をしかけようとゴウちゃんは動いたことよと、つくづく感心するのでありました。

まあいっぺんいっとうみや。

ちいさくて豊かな旅に 。

3X4A5789

 

 

 

 

 

 

 

最後にとてもおいしいお話を頂いてしまったので、 お盆の予定が決まりました。

またご紹介、  するかも。

かも。

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索