青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
お客様という自分
2017年3月17日 | 雑記

うちを指名して来てくださったお客様と、今週の二日間、物件案内旅行を楽しんできました。

まあ、北条から伊予市にかけてですが。(笑)

しかしこれが大切なんですね。

その道中の会話等のもつ意味の深さと意義はハンパないものがあるわけです。

物件を見に行くことはもちろん一番の目的ですが、どんな人物であるのかはお互いにとりましてこれまた重要な意味を持つものでもあります。

特にお客さんにとりましては、本当にこの業者に任せて大丈夫なのか? 騙されはしないのか? というような部分も気になるでしょうし、どの程度の知識を持っているのかの確認もできるでしょう。

てんで無知に等しいレベルだと、この時点で心ここにあらずとなり、見学もそこそこに早く帰ることが目的となってしまいかねません。

また、どんな話をし、どんな反応をし、どんな気持ちを持ち、どんな考え方をするのか?

そんなことを知りたい気持ちが生まれてくるようになれば、関係性も進んできます。

そんなプロセスを経て、信頼や信用へとつながっていくものだとも思います。

だからこそ、この車内の密室空間はとてつもなく濃密な空気をはらんでいるのですが、波長の合う人とご一緒になりますと、緊張感がありません。

まあ元々うちを指名して来てくださっている方なので、いろんな方からうちの噂話を聞いていたりするのでしょうから、何がしか感じた上で来てくださっているのだとは思いますが、それでも初めての体験を共にするわけです。

道中、気持ちよく過ごせるかどうかはとても重要な事項だと思いますが、少なくとも私には快適な空間でした。

 

面白い時間を二日間持てたことに感謝申し上げるとともに、ご希望に沿う物件が見つかるまでゆっくりお付き合いをさせていただこうと思っています。

 

人生の先輩が、次なるステージのために踏み出す瞬間に立ち会えること。

それは私自身がその時を迎えるための一つの指針となることは明白です。

 

わたくし事として、お付き合いさせていただきます。

最後までよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索