青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
さくらづくし・・
2019年4月1日 | 趣味

4月のお一日参りの後、新元号が「令和」と発表され、心身ともに新たなる時代に向けての幕が上がった気持ちです。

令和の時代を、皆と創っていく一人でありたいと思います。

 

 

 

昨日の3月最後の日曜日、何となく花見に行くことを決めておりましたが、肌寒いし、まだ少し早いかなと思いつつ出かけてきました。

が、

その前にうちの庭の桜がひっそりと咲きました。

 

3年ほど前に、捨てられていた桜の木を拾って帰り、庭に植えたものの、翌年も葉は出ても花は咲かず、その翌年も咲かずでしたが、水やりだけは続けてきました。

そして3年目の今年、ついに可憐な花を少しだけ見せてくれたのでした。

あの陽光桜の生みの親である高岡正明氏が丹原町で発見した「陽春」という桜です。

よみがえった「命」は強いと思う。

毎年が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

そしてまずは松山の隠れた花見の名所であり、天武天皇より下賜された桜(薄墨桜)があるということでも有名であります西法寺へ。

が、

実は私は初めてでした。。(笑)

が、

これが見事に素晴らしいところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの年寄りを花見に連れて行くには、人が少なくて気を使わない場所をと探していましたので、その下見に行ってみたのですが・・

年寄りには坂道がきつそうですが、桜は素晴らしいところでした。

ぜひ皆様も。

 

 

 

そしてその足で今度は「南楽園」へと向かいます。

花の庭園で知られるその場所は、そろそろいろいろ咲いているという情報が・・

 

相当久しぶりの南楽園ですが、高速道路のおかげで楽々行くことができるようになっていました。

 

 

そしてここも桜はちょうど見頃状態でありましたし、

それ以外の花々や庭園も見事な世界を見せてくれておりました。

 

この春の素晴らしい姿のおすそ分けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堪能し尽くしたはずですが、帰り道にある大洲の冨士山にも寄ってみました。

ツツジの山で有名ですが、なんのなんの、桜も素晴らしいですよ、見下ろす周りの風景との調和がなんとも・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな美しい風景を、ずっと楽しめる時代であってほしいと願いながら、

自分のできる具体的な努力も続けていこうと思うのでありました。

 

こんな奇跡的な平和と美しさにあふれる国は、

そうそうあるものではありませんからねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索