青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
スゲー町 ②
2019年7月20日 | 趣味

15日 6時前起床 瞑想の後、朝風呂にて体を目覚めさせる。

 

朝食の後、宿の周辺を散策。

目の前の勝浦川では、鮎釣りに夢中なる人々がつらなる。

川は滔々とした流れを保ち、数日来続く雨にも一向に濁る気配すらない。

水の色は独特で、四万十川とも仁淀川とも異なる。

同じ四国でも面白いものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食を通しての感想だが、私にはここの水がかなり合うようで、大真面目にうまいと思う。

家まで引き水したい・・・   (笑)

 

 

 

さて、この日のメインイベントはなんといっても「山犬嶽登山」である。

登山と言っても頂上を目指すのではなく、中腹にある「こけの聖地」が目的。

写真でしか見たことがないが、それだけでも感動する。

そこに行こうと思う。

 

ここは根強い人気があると思うし、この日は雨も上がり、しかしいい感じで靄はのこり、おそらく最高のお日和なので、早々に出発した。

しかし、またまた予想はしていたものの、それを軽く上回る狭い道幅に愕然とした。

途中の何か所か、ギリのギリギリやんけ。。

私の腕をしてもやばいやんけ。

って感じでした。(笑)

 

道路拡張開発ができないことも理解できるし、文句を言う気はありません。

軽四でくればいいだけの話ですから・・

歩けばいいだけの話ですから・・・

 

 

で、何とか駐車スペースにありつき、出発です。

 

 

 

 

 

駐車場から登山口までの2㌔ほど、細い車道を歩きますが、その途中に「樫原の棚田」が現れます。

何か所も素晴らしい棚田がある地域ですが、ここもその一か所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな集落の中を進みながら、しかし素晴らしい里山を楽しみます。

 

 

農作業中のおばばと、何気ない話を交わしながら、ここに生きてきた人のみが持てる仏様のようなお顔に、心の中で感謝申し上げるのでした。

 

 

 

 

 

 

まあまあ疲れたころに登山口へ到着。

さてここからが本格的な山登りです。

 

 

 

 

 

 

丁寧に間伐された針葉樹林帯を抜けていきますと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突如現る苔むした世界。

 

進めば進むほどに色濃くなる桃源郷。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての体験でした。

こんな場所があったなんて・・・

 

 

 

すばらしい季節に、素晴らしい場所に来られたことに感謝です。

 

 

写真で申し訳ございませんが、おすそ分けです。

 

 

 

 

時間を忘れる世界でございました。

 

 

かれこれこの周辺を楽しませていただいた後、下山します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3時間ほどの涅槃旅行でございました。

 

 

 

さて、

お昼時も過ぎたことですので、昼食に「いっきゅう茶屋」へと。

二階の食堂で地元野菜の定食をいただきましたが、やっぱりメチャうまでした。。

地元の人はこの味が普通なのでしょうね。(うらやましい)

 

 

 

 

 

 

一階の産直で棚田米を仕入れ、出発。

正木ダム湖に立ち寄りながら、次はいよいよ地ビール屋さんへ。

 

 

 

 

 

 

 

RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」というお店ですが、すごいセンスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜いただいたビールもうまいし、デザインも秀逸。

仕掛け人を尊敬します。

おまけにこの町のゼロ・ウェイスト政策にのっとり、買い物しても袋はありません。

ゴミを作らない思想を貫きます。

ビール買って持ち帰るのに、手持ちの袋がパンパンでした。。(笑)

 

ここでもバーベキューを楽しめるのですが、人気店のため予約制なので、またの楽しみとします。

裏庭で、ビール片手にBBQを楽しむ人たちの楽しそうな顔をお土産に、いよいよこの町ともお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

最初から最後まで、こんなに気持ちよく過ごすことができた町。

 

ひとつの思想や理念が、町民の一人ひとりに浸透し、コミットする気持ちがあるだけで、こんなにも伝わりやすくなるものなのか。

町全体が、「学び」にあふれているようです。

 

 

オオゴトな予算で、派手なコマーシャルを打つことよりも、

町民の一人ひとりが確かな「意識」を持つだけで、

みんなでこの町を「創るんだ」という「連帯感」が生まれるのかもしれません。

連帯感が生まれたから、

自分以外のお店のために、お役に立てることを、できる範囲でやろうとする。

それが伝染し、グルグルと回り始めると、

この町のように、どこに行っても気持ちよく、明るい気持ちで過ごせるのかもしれません。

 

なぜこの町の人たちが、不思議なくらい丁寧で明るいのか?

 

 

自信があるから。

 

自分(たち)を信じる力を持っているから。

 

私はそう感じました。

 

 

私たちに、大切な何かを伝えてくれているのかもしれませんね。

日本人が忘れかけようとしている何かを・・・

 

 

 

 

ps. それにしても、これほど緑と水だらけで、しかも濃度の濃い自然は希でしょうね。

すばらしいところでした。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索