青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
ハジマリノハジマリ
2013年11月28日 | 雑記

そのイベント名は「ハジマリノハジマリ」だった。

宇宙人家族である鷲野家が管理運営する由良野の森で行われたそのイベントは、 ものすっごい、 気ん持ちい~い、 さっいこ~うな、イベントでありました。

 

今年は、この十数年間身動きできなかった腹いせ?、   もとい、 行きたかった場所、会いたかった人、知らなかったイベントに行きまくってきましたが、そろそろやっと私が求めている、心から居心地のいいイベントというものが見え始めて参りました。  本気で私の次なるビジョン実現に向けての勉強をかねて、行き続けてきた訳なのですが、何でもかんでもイベントなら楽しいのかといえばそうでもなく、「あらら・・」みたいなのも結構あったりした訳ですが、どうしてそう感じるのか?というところを自分なりに掘り下げていったときに、はずせないポイントがあることに気がつきます。 ではこの続きは次回お会いした時に・・

というのが本音ではありますが、そうもいかないでしょうので、いくつかお話するとすれば、 それが食べ物を扱うイベントであれ、音楽であれ、小物であれ、芸術であれ、何であれ、「自然」を意識させているか?  「誰のためにやるのか?」 「何のためにやるのか?」 というところが明確であるということ。  決して「自分」・「自我」・「エゴ」というようなものを満足させるために行ってないということ。  そのようなポイントがブレずに統一されていればいるほど、そこに集う人々も自然と滞在時間が延び、そして会話や笑顔、笑い声が多くなっている。 すなわち見せ掛けでない真のコミュニケーションが「成立」していると感じるのであります。

ブースは見て回るが、各店主とのやりとりや会話もなく、適当に好きなものだけ見て、食べた後は帰ってしまい、結局のところ本当の情報交換さえなされなかったというようなことになり、結局のところ伝えたいことも伝えられず、店側も悶々とした気持ちのまま、また次回へと同じことの繰り返し、いつまでたっても真の理解者が生まれないという「循環」を繰り返す。

方や「自然」に対する感謝があり、「自分以外の誰かのために」行うイベントは、人間が本来持っている「ある部分の何か」に反応し、必然として「共感」「共有」の精神が起動する。 そのことにより俄然居心地がよくなり、安心感からか会話が生まれる。 それはまた必然として「移動」から「滞在」へと形を変える。 「滞在」の持つ時間価値はこれまた必然として「相互理解」・「相互扶助」を育成する。 そうやって少しずつ楽しみながら、よき理解者と協力者が増えていく。 真に楽しいから友人を誘いたくなる。 共有したくなる。 もっと、 もっと・・・

うまくいっているイベントからは、なんとなくそのようなエネルギーを感じるのであります。

私だけかも知れませんが・・  (笑)

 

そんな見本市のようなイベントでありました。

「ハジマリノハジマリ feel  organic      KURI  LIVE in 由良野の森」

一店一店ものすごい魅力的なお店が集結し、一所にして名だたるお店と商品と人を堪能できるという贅沢を味わいました。

人がすごいからその人が作る商品もすごい。

また、ブルーマーブルで初めて聞いて感動したKURIのライブを、今度は由良野の森を借景に聞くというのも夢心地。

ライブの後のヨーロッパツアーのお話もかなり勉強になりました。

なんともはや一日しびれました。

大人だけでなく、子供たちも存分にその自然に抱かれながら過ごせることで、その表情は「生気」に満ち溢れ、本来の自分を回復することができたようでもありました。

結局私も19:30くらいまで皆さんとともにユラリンと過ごし、そろそろ路面が凍り始めそうな時間ぎりぎりまで居させていただきました。 なにぶんバイクで行ってたもので・・

 

目指す形が少しずつ見えてきました。

後は、 場所ですね~ 。    これがなんとも見えてこないというジレンマ。

でもあせっちゃダメよね~ 。  たぶん。

まあ今までの人生思えば、待つことなんてなんてことないはず。

まあ気持ちよかった由良野のひとコマでも見ていっておくんなせいやし。。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索