青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
人間の証明
2014年9月30日 | 雑記

出会いに乾杯!~満天星空キャンプ~  という授業に参加してきた。

いよココロザシ大学 http://www.1455634.jp/index.php が行っている授業のうちの一つ。

26日(金)、仕事を早めに切り上げて、夕方三津浜港発のフェリーにスクーターとともに乗船。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA??????????????????????OLYMPUS DIGITAL CAMERA??????????????????????

 

1時間少々、途中の島々を縫うようにして、瀬戸内でしか味わえない旅情を楽しみながら中島上陸。

さっそく時計回りで島巡りへと。

ちょうど日没の時間帯を選んだことを感謝する風景に出合います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA??????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

??????????????????????OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

??????????????????????

 

日本という国が、いかにすばらしきところであるのか、ほんの少し移動してみるだけで心底理解できます。

 

 

そして本日の待ち合わせ場所へと。

ちょうど主催者スタッフも来たところらしく、セッティングのお手伝いをする。

本日の参加者名簿を拝見すると、20代から50代までの約十数名で、ほぼ30歳前後の若者。

私のみ、ひとり孤高の55ちゃい。

はてさていかなる展開に・・

 

????????????????????????????????????????????

 

” 【しまのわ分校19時間目】出会いに乾杯!~満天星空キャンプ~
夏が過ぎ秋の気配を感じる海辺で、中島に移住して来た方々と語らいましょう。
移住理由、島の魅力、暮らし、そして課題。現実と向き合いながら島での生活をより良くしようとしている島民と尽きぬ話をしましょう。
日々忙しい大人のためにオフを提案する授業です。週末の仕事終わりは中島で語り合いましょう。

【授業の流れ】
(1)17:40高浜-18:20大浦(高速船)
(2)19:10高浜-19:41大浦(高速船)
(3)19:25高浜-20:14大浦(フェリー)(1)~(3)のどれかの高速艇・フェリーでお越しください。
大浦港~大串キャンプ場までスタッフが案内します。18:30~20:30 到着した人から準備(テント・BBQなど)
20:30~20:45 自己紹介、農音 田中さんによる島の紹介
20:45~22:00 交流(夕食)
22:00~22:30 片付け、就寝準備
22:30~24:00 交流(満天星空カタリ場)
24:00       就寝
07:00~08:00 朝食、片付け
08:35~09:45 大浦港発~高浜港(フェリー乗船) “

という内容のお知らせでした。

 

私がたまたまこのプログラムを知ってしまい、以前より交流のある「農音」http://noon-nakajima.com/ の代表、田中君やメンバーのみんな、またコーディネーターの山本君 https://www.facebook.com/yasuhiro.yamamoto3    https://www.facebook.com/sharelifedesign    とまたお会いし、移住者の様々な本音が聞けたらいいな、ということでこの授業を申し込んだ次第。

だってわたしも最終ビジョン実現のだめに、移住しようと虎視眈々と狙っているわけですので・・ 知りたいですよね、移住者の本音を。

ということで行ってきたわけなのですが、  実は正直に言いますと、一部拍子抜け。

まあこのキャッチコピーの中に、~出会いに乾杯! 満天星空キャンプ~ というのがあることをすっかり忘れていたのですが、 これを見たら星を見ながらバーベキューして、お酒飲んで楽しく過ごしましょっ、 的にとられる方もいらっしゃいますよねー。

大きな炭火に照らされた、ほんのりとした明るさの中でガツガツと地元の若者に現地の話を聞いているのは私くらいで、特に女性陣は、「そんなこたあどーだっていいんじゃないの、おじさんっ」って、たぶん思ってたんじゃないかと思います。

途中でそのことに気がついてからは、セーブして若者たち同士のお話にシフトしていこうとしたのですが、若者たちのお酒が進むほどに、私が会社の社長であることに興味を持った若者から、「俺も将来起業する」なんて話や、「私の話に興味を持ったイギリス帰りのプロデューサーの若者が隣に来て、「社長おもろい」なんて言いながら、結局いつもの人生談義へと発展してしまい、結局どうしたらいいの~状態のまま、お眠の時間に。

女性陣には申し訳なかったような気がしますが、主催者側もそのあたりの理念の共有はまだまだ未熟なようでして、 というかまあ酒飲んで、パーティーになればこうなるわけで、 まあいろいろでいいのかなとも思います。

でも初めに質問攻めしたおかげで、知らなかったこともたくさん知ることができたのも事実です。

????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????OLYMPUS DIGITAL CAMERA

??????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

朝方まで盛り上がった若者もいたようですが、おいさんは日付が変わるまでには、これも一人持参のマイテントでご就寝。

枕元に寄せてくる瀬戸のさざ波を子守唄に、なんとも贅沢な睡眠をいただきました。

 

翌日5時半に起床した私は、日の出前の海辺の散策。

引き潮で歩いて渡れるようになった小島を一周したり、海岸を散歩しながら島の自然を楽しみます。

松山で見る海とは全く別物の、透明感あふれる海に感動します。

島という、まわりを海に囲まれた環境が与える豊かさは、不自由さと引き換えにこんなにも豊潤なものなのかと、意識を新たにすることができました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

??????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

そしてこの環境を生かした素晴らしいプランを、農音代表の田中君が考えているということを、ほかのメンバーを見送った後の二人きりになった時、ここちよい波音と共に聞くことができました。

彼のビジョンは私のビジョンとも重なり合う部分もありながら、そして島の持っている、団体の持っている課題なども本音で語り合うことができました。

 

??????????????????????

 

 

それぞれが持っている資源や資産をこれからも交換していこうねと確認しあい、そして代表として持ち合わせている孤独や苦悩も分かち合おうと話しました。

真の一級リゾート地の海岸で、彼と二人で本当にしっぽりとお話ができたことに、心からの満足感を仕舞い込み、朝食なし、昼食なしのまま帰りのフェリーに乗り込むのでありました。

これで当初の目的は果たせた感はあるのですが・・    (はらへったー)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

優秀な若者が奮闘しています。

実は島の誰よりも、きちんとした危機感を持ちながら、なんとかみんなが生き残れるように心を砕き、大変な現実の生活を背負いながら、それでも前に進もうとしています。

 

この行動力溢れる若者像の裏側に見え隠れする、私がどうしてもぬぐいきれなかった彼の影の意味が分かりました。

真の責任者としての「自覚」があればこそ生まれいづる苦悩。

その重荷から逃げないでいるからこその大きな影であることが理解できました。

分かち合いたいと思います。 できることから。

 

長いあいだ、彼と話し込む中で、本当に貴重な交換ができたと思います。

おそらくは小学生の時以来となる中島にて、様々な想いのお土産をいただくことができたのも、今回の授業のおかげでしょうね。

その意味では大成功なのですが、

本当にみんなはあれでよかったのかなぁ~ 。

アンケートみせてもらおっと。(笑)

コーディネーターの山本君に関してはまたの機会にごゆるりと・・  (ナイスガイですよ)

 

しかし、若者はどんどん育っていますね~。

苦しみの中から、 出会いの中から、 挑戦の中から・・

 

さあ今こそ大人の出番ですよ。

彼らの未来への挑戦を、大人として、支える出番ですよ~。

それができたとき、 やっと大人は大人と呼ばれるのだと思いますよ~。

自分のこと + 自分以外の誰かのこと 。

これが大人の証明、

 

いえ、 人間の証明ではないでしょうか?

 

 

??????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索