青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
加速する融合
2013年3月18日 | フレッシュ・リーブス

昨夜の映画、「さぁ のはらへいこう」 、 よかったですねー。

いやはや本当にいい心持ちでした。

あいキャンの乳幼児版とでもいうのでしょうか?

こんなに小さな体でも、やはり魂の大きさは変わらないなあ、などと感心していた次第です。

実にシンプルな保育の仕掛けによって、子供たちのみでなく、保護者さんたちも子育てのコツを身に着けていく様は、とても自然な人のあり方を感じさせるものでありました。

先輩から後輩たちへ、無理や無駄なく自然の流れとしてその心理や理念を継承していく姿には、昔の社会に明確に存在した「コミュニケーション」と「コミュニティ」をはっきりと思い起こさせる力がありました。

それにしても愛らしい1~4歳児のチャレンジする姿、そして人間関係の構築、あたかもその現場にいるかのようなカメラワークのおかげで、とても臨場感あふれる体験をさせていただき感激いたしました。

 

また、上映の後、「なかよし会」http://nakayoshikai1985.blog14.fc2.com/ 創設者であり、保育士でもある相川明子さんhttp://hibi-iki.com/people/5095.htmlとのお話会も、場所をブルーマーブルに移動して行われました。

とても素朴でありながら内に秘めた情熱(パッション)を感じさせる女性でした。

同じ映画を観終わった後、観客お一人おひとりから出る感想や、質問に対して、丁寧に、そして真摯にお答えしていく中から、参加された皆さんもそれなりに収穫の多い時間になったのではないでしょうか?

これだけ有名な保育士さんでありながら、「そうはいっても自分の子供にはガミガミ行ってたりしてましたから~」 なんて気さくにお答えされている姿を見て、この一言でどれほど子育てに苦しんだり、迷っている人が救われることだろうと、心底思った次第です。

ついつい苦しいからこそ、どこかの誰かが子育ての万能薬を持っているのではないのか?と血眼になって探したい気持ちも、少しは理解できるこの年の私だからこそ、こういう人でもそうだったのかー、と知ることで救われるのだと思うのです。

講演を頼まれる人は、つい上から目線になってもおかしくはないものですが、相川さんはその膨大な経験と体験値と、そこから生まれたであろうゆるぎなき理念により、とても素朴で対等な目線から語ってくれ、少しだけ先輩としての気遣いを示してくれた。 そんな気がいたします。

 

私も自分の活動の簡単な紹介をさせていただきながら、これからのビジョンが抱える問題点などにも気づかせていただきながら、創設者同士にしかわからないであろう「阿吽の呼吸」的な波動を感じてしまうのでした。

あぁ、 気持ちよかった~。  相川さん、ありがとうございました。 またお会いしたいと思います。

最後の別れ際、あいキャン後のビジョンを発表し、その世界実現に向けて奔走中のメンバーの一人を相川さんに紹介し、彼女のこれからにとってとても大きなヒントをいただいたことのお礼を言い、そしてこれからもぜひ相談があれば相談に乗ってあげてほしい旨をお伝えさせていただきました。

それ以外にもこの上映会を主催した「みまき自然の家」http://mimakimura.net/mimaki_nature_school/の黒田さんとも出会いましたので、これからの彼女の活動の立ち上がりとしてはかなり楽しみが生まれたことだろうと、勝手に解釈しております。(同時に苦労もこれからですが・・ 笑)

 

そんなこんなの素晴らしい週末。

フレッシュリーブスコラボ事業の「FUJIYAMA CINEMA CAFE」も、またその秘めたるポテンシャルの一部を垣間見ることができました。

こんな感じでますます楽しんで参りたいと思います。

映画という素材を通して、テーマの中の理念を共有し、共感し、そして終了後に一つのテーブルでコミュニケーションする。

たったそれだけで、人は人が少し好きになる。 また会いたくなる。

そんな時間をこれからも作り続けていくお手伝いをさせていただこうと思っています。

誰でも、どんな映画でも、何か仕掛けたいと思ったあなた。  ブルーマーブルに相談あれ。  何かが始まるかも、 ですよ。

ちなみにいつの日か、2012年あいあいキャンプ上映会もやってみようと思います。 (お客さん0かも・・)

 

ついでというわけではありませんが、ちなみにフレッシュリーブスB-1の「Sing out」では、時代の先端を行くシェアー店舗がすでに始まっています。

昼間の経営者と夜の経営者が違います。

お客さんは、1店舗で二つの顔が楽しめるというわけです。

新しい動きが加速しています。

自分だけがという主義から、お互い様主義とでも言うのでしょうか?

所有する時代から、シェアする時代へ。

 

フレッシュリーブスではこの考え方を支持します。

さあ、どんどん面白くしていきますよー。

こうご期待。

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索