青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
四国の背中 ~寒風山・笹ヶ峰・丸山荘編~
2017年7月21日 | 趣味

7月15-17日の3連休、以前より「山」計画を企てていたが、いろいろ間際まで何があるやら状態だったので、静かに様子をうかがっていた。

17日の夕方に名古屋時代の友人が訪ねてくるというので夕食の約束をしたのだが、それまではフリーに動けることと相成ったので、近場に狙いを定め、寒風山~笹ヶ峰~丸山荘~平家平~丸山荘~笹ヶ峰~寒風山というピストン縦走を計画した。

夏山の緑あふれる尾根筋トレッキングを満喫し、テント泊でより自然にどっぷりつかってこようと考えた次第。

 

15日 6:45 寒風山登山口駐車場から出発。

テントにマット、雨具にコンロ、3日分の食料、いくつかの着替え等々をザックに詰め込み、一眼レフカメラにバッテリー等をプラスすればざっと18kgほどの重量に・・

テントセットはやはりキイタ。

背負おうと思い持ち上げると思わずよろめいた。

まじやめようか?  とちょっとは思ったくらいキイタ。

 

結局その重量のおかげで初日の時間は、予定より1時間以上オーバーすることになる。

大量の汗と疲労はまあまあのものであった。

 

毎週のように山登りしていると必然、必要な筋肉や心肺機能は発達していくのだろうが、今年はかなり忙しく、ほとんどイケていなかったことも影響しているのだろう。

 

 

しかし、そんなこともさもありなんと想定していたので、早めに出発したわけで、焦りはない。

いきなりの急登が気力と体力を奪っていく桑瀬峠までの道中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前に現れ、手の届くところにあるように思える寒風山までの長いこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまでたどり着いたらもっと大きく雄大に表れる笹ヶ峰とその尾根筋に安心する割には中々近づいてこない笹ヶ峰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹で一休止の後、宿泊地の丸山荘までのやたら長い下り坂は、登りとは逆の筋肉に負担を強いり、膝も足首も終いのほうにはバカになり、2度ほど転倒する羽目に。

2度目の転倒はかるい崖地を1回転しながらのファインプレー!

なんでも久しぶりは大変だ。   いやいや無事で何より。  ご先祖様ありがとう。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って感じで昼過ぎに丸山荘へ到着。

 

 

 

 

まだ誰もいない。

午後には小屋主の片山さんが上がってくると言っていたので、先にテントの設営をすることに。

まだ昼食もとってなかったが、多少雲行きも怪しいのでテントを張りましょうと張り終えたところ、ポツポツと来るではあーりませんか。

 

 

そそくさとテントに入り込み、寝床の準備の後、昼食づくりに取り掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の食材は、自宅での非常食の賞味期限切れ間近の整理整頓。

レトルトがまあまああるので重いのよね。

早く食って軽くしなければ・・

 

ということで雨音と雨と土のにおいを楽しみながらごちそう?を平らげた後は、シュラフの上でぼんやりと。

これがいいんです。

もう最高です。

私と自然のみの贅沢すぎる時間を過ごします。

 

 

 

 

 

音楽など全く必要としない、天然の豊かさあふれる音たちに精神が浄化されていきます。

来てよかったー。   です。

そしてうつらうつらし始めたころ、小屋の手伝いのおばさんに声をかけられ目を覚まします。

そしてテント入り口を見たとき。

ギャー。

登山靴が雨水に浮きそう。。 なくらいでした。

 

 

 

テントの底を手で押すと、2センチくらい浮いている状態。

山の雨はすごでちゅー。(笑)

天気予報は晴れでした。

さすがでちゅー。

 

でもこれで誰にも邪魔されず静かに過ごせますので、やむまで「ボーーーーーーーーーーーッ」と過ごします。

幸せ感520%ですね。

満足です。

 

 

 

 

 

夕方には雨も上がり、晴れ間ものぞいてきます。

テントから這い出て小屋主と語らい始めますが、この日は宿泊客もないようで、私とたっぷり話し込みます。

 

 

いろんな情報交換ができるチャンスでもあり、こういう時間も大好きです。

そして明日、笹ヶ峰のお山開きのために正法寺のご住職や行者さんが蔵王権現とともに上がってくることを知るのです。

こんな風にたまたま知るわけですが、以前にも徳島の剣山に出かけたとき、縦走路でお山開きのご神体とすれ違ったこともあり、なんかいろいろ神様とご縁があるなあと、また感謝するのでありました。

笹ヶ峰に祭られている最高神仏である蔵王権現は、日本独自の山岳信仰「修験道」、すなわち神仏習合の象徴として君臨しているわけであり、かなり貴重な世界を現在でも体現しているわけでありますが、ホラ貝を吹き鳴らしながら上がって来る行者さんと担がれた権現様ご一行のお姿を想像するだけで、それはそれは透明な光に包まれた神々しい気持ちになるのでした。。

そんな歴史のある場に立ち会えることは喜びでありますので、明日の予定である平家平はまた次回ということにし、一緒に笹ヶ峰に登ってみようと思うのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の夕日に照らされた四国山地もそれは美しく、感無量の1日に幕を下ろすのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索