青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
四国の背中 ~丸山荘編②~
2012年5月15日 | 趣味

 

 

 

 

 

 

 

一度4時過ぎに目覚めましたが、トイレの後もう一度スヤスヤ。  7時からの朝食時にはいい目覚めでございました。

 

幾分体の疲れは改善しているようですが、膝の方はさっぱりです。 私の部屋は2階ですが、階段を降りるときには片足ずつという状態に変わりはありません。  当然今日は一日お休みします。(本当は近隣の山々に登る予定でした)

ほとんどの方は朝食後今日も山行されるようで、霧の中をそれぞれに出発されていきます。

そんな中ではありましたが、ヤマンバ・ヤマナカさんとイマイさん、キムラさんは近場の登山をするかどうか決めかねているご様子。 もともと本日も丸山荘に宿泊予定だそうですので、そんなにあわてる事もないというスタンス。

で、昨日の続きのように自然とこのグループでの会話が朝から始まったのでした。

 

ひとしきり話に盛り上がり、大笑いした後、オーナーのカタヤマさんから、昨日のお客さんの布団上げのご指示が・・

そう、 ここではお互い様の精神で生きていくのが当たり前の世界です。 皆自然に役割分担し、各部屋の布団上げから掃き掃除、拭き掃除まできっちり仕上げました。 きれいなことはいいことです。

そしてこうやってお客さん同志も協働作業を通してますます近しくなっていくのです。

普段ボランティア活動を通して協働作業の喜びを認識している私としましても、こういう場所で、初対面の方々とこんな風に作業できることは新たな喜びでございました。

 

さあ、 作業が終わればダべリングです。

またまたジンノさんと、高知弁丸出しのヤマンバ・ヤマナカさんの掛け合い漫才風な展開からまさに様々な話へと展開していきます。 それはジェットコースターに乗っているかのような錯覚さえ覚えるほどで、このスピード感覚についてこれる人は中々のものだと思います。 でも本当に楽しい方たちです。

 

そんな感じで午後12時を迎えますと、 いよいよここにお酒が参入してまいります。  1本が2本に、2本が3本に・・・    進んでまいります。

 

 

結局悪天候のため途中で引き返してこられたナカザワさんも交じり、 夕食時間までみっちり、 丸一日中くっちゃペっておったという快挙。

しかし、そのテーマや話題は決してお粗末なものではなく、 自然の食材についての話であったり、 放射能の現実であったり、 はたまた原発の功罪について、 教育や福祉、 政治におせん?     ・・・ いやはやなんともスゴイ。

山のことしか知らないのかと思いきやとんでもない。

本当に自然の中にいたり、生きたりしているからこそ大切なことに敏感になれるのだろうなあと思わせるに十分な会話に参加することができました。 そしてその途中でも熊笹刈りのボランティアに来られた方や、香川県から来られた常連さんのご夫婦や、東京から来られた男性などなどが自然と加わりながら延々と会話は続くのでありました。

 

 

 

個人的な身の上話も自然な雰囲気の中に出て参りました。  体験してきた大きな悲しみがあるからこそ、今の小さなことにも幸せや喜びを感じることができるというお話など、とても味わい深く聞くことができましたし、人生の先輩からのメッセージはやはり何よりも染みいり方が違います。 でも同時にそういう話が自然に聞けるようになった私自身も、それなりの体験が身についてきたんだなあということを知ることができたのでもありました。

こんな風に様々な世代が日常においても繋がっていればなあ・・・

 

 

 

 

 

 

 

私はこれがこの丸山荘の普段の姿なのかと思っておりましたが、 聞けばそうではないらしい・・

登山歴40年のヤマンバ・ヤマナカさんも初めてのことのようで、 いかにこの日の天候とメンバーと丸山荘のこの部屋が奇跡を起こしたのか、 ということでしょうか?

私にとれば、どうにも動かない体で一日ボケーとするしかないところに、かなり有意義な一日を過ごすことができたということになります。  皆さま、本当にありがとうございました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

本当にまたどこかでお会いしそうです。。

 

大自然の山の中のたった一軒の小屋における、人間臭い人々との夢のようなひととき。

 

おまけにこの日の夕食は、ジンノさんとカタヤマオーナーの計らいで、連泊のお客さんに限り薪ストーブの部屋にてスペシャルメニューの水炊きをいただくことができました。  うますぎです。  腹一杯でした。  すごいです。  ありがとー、カタヤマさん、ジンノさん。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に私の山行二日目の夜は暮れていくのでありました。

気になるのは、   明日、 足が動くのかどうか・・  のみ。

本日の就寝9時半。

爆睡。

(もっとつづく)

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索