青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
山と温泉  ~鶴見岳・久住オートビレッジ~
2019年5月9日 | 趣味

5月3日

約2ヶ月前より計画していた、九州の山と温泉旅開始。

4:00起床 5:00過ぎ自宅発

7:30三崎港フェリー発

 

 

 

8:40佐賀関港着

 

 

鶴見岳へのルートを走りながら、徐々に旅の雰囲気に浸り始める。

昨年は目の離せない仕事があったり、切れ間無しだったりしたもので、それなりの山歩きに行けずじまいであった。

ほぼ1年ぶりの山旅である。

うれしい反面、1年ぶりでまともに歩けるのか? かみさんはもっとやばいぞ、と考えてしまうと不安も付きまといながらの移動である。。

 

鶴見岳は実は初めて。

時間の関係上、この日はロープウェイで登らせてもらう。

 

 

 

 

10:30頃には山上駅へ。

 

そこから歩いて展望台経由で頂上へ向かうが、別府湾を見下ろすこの景観にはしびれました。

この鶴見岳も火山ですが、別府の町からいきなり急峻な山となっているため、町との距離がとても近く、それこそ眼下に町と海を見下ろす感覚となり、絶景かな・・ と相成りまする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂上から観る西側には、あの由布岳が堂々と構えています。

もちろん遠くには九重連山も・・

海と町と山と・・・

なんと贅沢な展望でしょう。

歩くと2時間ほどで登れるようですので、次回は歩きで隣の由布岳と共に登ってみたいと思います。

 

 

 

まあほかにも寄りたいところだらけですが(笑)、先に進めませんのでキャンプ地へ移動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中の食堂で大分名物とり天をいただき、新緑の洪水のような、やまなみハイウェイをひた走り、これから2日間のベースキャンプとなる久住オートビレッジへ到着。

 

九重連山が見事な姿で出迎えてくれます。

明日登る予定の大船山もくっきりと。

天然温泉付きで、名山そろい踏みの、

いやはや、山と温泉のスキ者にはたまらない場所ですね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:00頃からテント設営し始め、ひと段落してから敷地内にある温泉へと向かいます。

このキャンプ場は温泉完備なので選んだのですが、露天風呂から眼下に広がる高原の向こうに阿蘇山が横たわる姿が拝めます。

ぬくもった体を、露天の縁側に腰を下ろして冷やします。

雄大な風景をスッポンポンで、日を浴び、風に吹かれながら見られる喜びに打ち震えます。

そのままスッポンポンで高原を走りたい衝動を抑えつつ、阿蘇に向かって仁王立ちにて体をふいて良しとします。(笑)

あぁ、気持ちよかった。。

野外さいこー!

 

 

さてテントに帰り夕食の準備にかかろうかなと、年代物のコールマンの燃料タンクをポンピング・・

ん、圧縮がない・・

うそ・・

まじ・・

そんな・・

こんな時に限って・・

 

しばらく使ってなかったゆえか、ポンプのラバーが逝ってしまっているようでした。

 

こんなこともあろうかと、3種類ほどの火器を用意しているので、問題はありません。

この日は炭焼きで焼肉にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間の天気は申し分なしですが、夕方からの極度な気温の低下が気になります。(標高820m)

キャンプ道具と山道具を合わせて、新しい車にはそれほど積めないのと、山登りがメインなのでたき火道具はキャンセルしていましたので、暖を取る道具がありません。

程よい移動の疲れもあり、明日への心配もあり、19:00過ぎに就寝としました。

そしてその予想外の寒さは、真夜中に襲ってきたのです。

 

―3度くらいまでは何とか使えそうな寝袋を用意していたのですが、全身すっぽりかぶって芋虫になってもなかなかに寒い。

今更起き出して着こむのもおっくうだし・・

とか何とか思ったり、寝込んだりしながら2:30頃トイレに起き出して外に出てみると・・

 

目の覚めるほど強烈な星空が・・

ほぼ180度空に覆われた高原のキャンプ場の空が、一面の「星」。

すばらしいの一言ですが、写真はありません。(笑)

 

後でこの日はほぼ新月だと知りますが、道理で星がよく見えたわけです。

星は新月ごろに見に行きましょう。。

ただし、雲もなく星がよく見える日は、放射冷却により、とっても良く冷えるでしょう。。

余分めの防寒着をお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索