青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
山と温泉 ~霧島山(韓国岳)~
2020年11月27日 | 趣味

11月22日

06:30 起床とともに温泉

07:10 朝食

07:40 出発・(昼食のおにぎりを途中で仕入れる)

08:15 登山口駐車場・(準備とトイレ)

08:45 登山開始

 

 

 

予報通りの曇りで山は見えない。

樹林帯をゆっくりと進む。

 

 

 

 

 

 

 

途中から硫黄山を望む。

 

 

硫黄山は噴火警戒区域のため、迂回路を使う。

独独の雰囲気が漂っている。

 

この登山全域においてだが、どこで噴火してもおかしくないと想定しての山歩きである。

わざわざこんなところをと、一般の人は思うことでしょうが、実はどこで何をやったところで「危険」とは切り離せないことを知っておくべきだし、むしろこういう場所だからこそ、心のどこかに「正常な何か」を保てられるのではないかとさえ思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かみさんはすでにお疲れのようでありますが(笑)、彼女がえらいのは泣き言を言わないこと。

普段鍛えているわけでもないのだが、半分「根性」で登ってくる。

行くと決めたからには、やるしかないと思ってのことかどうかは知らない。。

 

 

しかしどんな登山でも、一歩が積み重なれば必ず頂上にたどり着けます。

遅いか早いかの違いだけです。

 

正義はなく、それぞれの楽しみ方があるだけです。

何も比べる必要はありません。

その人にあった「登り」を楽しめばいいだけなのです。

 

だから、かみさんの「登り」もそれでいいのです。 (ちと遅いけど・・)

私も誘ったからには、それに付き合えばいいだけなのです。

遅いからと文句は言いません。 (うそぴょん、たまには言うこともある)

 

途中で出会ったカップルは、彼はズンズン先行し、あっという間に見えなくなり、彼女はしんどそうに休み休み、泣きながら歩いていました。

 

 

一本の道を、いろんな人たちが登っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに景色はありません。

が、

風が強く、雲は眼前を流れ、臨場感は抜群です。

雨が降っていないだけ御の字です。

ありがたや。

 

 

と言っている間に、頂上へと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな天気でも、さすが百名山。

人は来てますねー。

 

 

昼食を取るべく場所を探しますが、よく見ていないと、切れ落ちた崖に吸い込まれそうになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この崖の中が巨大な噴火口というわけですが、想像するしかないようです。

見たかったですけどねー。。

 

 

 

 

ソース画像を表示

(イメージ)

 

 

 

 

風よけの岩のそばで昼食ですが、かみさんは壊れかけ???  (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあよく頑張りました。

2日続けてですからね。

 

ということで、気温も上がらず、風も10メートルは吹いているようですので、低体温症になる前に動き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は大浪池が真下に見えるはずで、絶景だったはずなんですが、それも見えず、そちら側へ降りていくルートを変更し、元来た道を戻っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節外れのミヤマキリシマが・・

 

 

 

 

 

 

 

下りの途中、かみさんの膝が笑いはじめ、ブレーキが利かなくなり転倒しましたが、けがもなく、どうしてそうなったかレクチャーしながら、13:00頃、なんとか無事に下山することができました。

 

 

駐車場で小休止の後、噴気地帯に立ち寄り、温泉地らしさを楽しみ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霧島国際ホテルの日帰り温泉に飛び込み、それはそれは多種多様な温泉をたっぷり楽しみ、

 

 

そしてお宿に帰りつき、

鹿児島唯一の泥湯温泉でまた泥まみれになりながら、

つるつるのお肌にて夕食をいただき、

またしても爆睡の夜に飛び込んでゆくのでありました。

 

 

まあ、よー寝るわ、あたしたち。。

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索