青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
岩井滝・東和楼
2020年9月25日 | 趣味

森林公園を出発したのち、今度は、名勝「岩井滝」へと向かいます。

 

静かな森の中をゆっくり進んでいく素晴らしい道です。

対向車もほぼなし。

こんな山道が好きです。

 

そしてやってきたそこは・・

 

おおっ、人がいる。。(笑)

 

さすがにここは有名でした。

しかしやっぱり素晴らしい場所に違いありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏見の滝とも呼ばれるその滝は、しばし人を立ち止まらせ、静かに見入ってしまう力を持っておりました。

このあたりには他にもいろいろ景勝地があるようですが、とても全部は行けませぬ。。

 

 

 

そろそろ宿に移り、手続きしてから地元で使えるクーポンもらってお土産買わねば。。

 

ということで、本日の宿「東和楼」さんへ。

 

築90年を誇る建築が残る老舗中の老舗。

 

コロナ過の中、一日1組しか受付しないスタイルになり、80歳の女将さんと、50歳前の息子さんで切り盛りしているすごい宿でした。

すなわち私たち二人で全館借り上げている状態で、何もかも自由に使いたい放題というわけでございます。

 

部屋を見てびっくりしたのは、二間続きの純和室。

大正昭和そのものの部屋で、川端康成がそこに座って物書きしてそうな雰囲気でした。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下のトンネルをくぐっていった温泉は、全国でも誠にまれな、湯船の底に直接湧き出ている自噴温泉かけ流しという温泉。

それがまた加水、加温なしのそのままのまま温泉で、熱くもなくぬるくもない温度の絶妙さに心底惚れました。

90年間途切れることなく湧き続けている様は感動的ですらあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣を流れる吉井川より低い場所にあるこの温泉。

昨今の大雨で水没することもあり、そのたびに大変な労力で掃除されているご様子でしたが、ここに全国の秘湯好きが集まるのも十分理解できました。

 

 

 

 

 

料理も、聞けば80歳の女将さんが用意してくれているとのことでしたが、職人ではないからと謙遜しつつ、素材の素晴らしい食材を厳選し、家庭的に料理していただいたそれは、十分に私たちを満足させてくれました。

 

また、食事を楽しむ部屋は、正真正銘の90年物の屋久杉や、当時の組子細工、今では作れない極上板ガラス等で構成された30畳ほどの和室。

 

腰が抜けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを二人で貸し切りでございます。

 

 

贅沢なことでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで鏡野町のクーポン使って一泊二食二人で18,000円ほど。

手続きが煩雑で、年寄りにはむつかしくて、と言っておられたGotoももうすぐ使えるようになるともっと割引。

地域内で使えるクーポン4,000円、この町と提携しているモンベルカードで+2,000円の計6,000円の買い物もさせていただきました。

おまけに高速道路の3日間使いたいホーダイの事前予約でそれも割引あり。

 

人が動くわけですねぇ。

 

まあ政府も、お店も、旅館も、動いてもらいたのですから、場所選び等の注意を払いながら動いてまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索