青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
岩城島
2020年8月26日 | 趣味

8月22日  8:30 自宅を出て、一路しまなみ海道を渡り生口島へと。

瀬戸田PAから徒歩にて多々羅大橋へとお散歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま歩いて大三島まで渡ることもできるが、それはなし。(笑)

何分すでに恐ろしい暑さで、ばて気味。

それでも橋の上は涼風が吹き抜け、その眺望と合わせてすがすがしい気持ちになる。

 

取ってき返し、PAでソフトクリームで生き返る。

 

 

 

その後フェリーで岩城島小漕港へ入港。

10分ほどの船旅ですが、妙な高揚感はあります。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三千本桜でつとに有名なこの島は、積善山という山一つで成り立っているような島ですので、そこに登ればすべてが見えるはず。

ということで、途中の三叉路に車を置いて、歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂付近まで車で行けますが、途中を楽しみたいので歩きます。

が、

暑い。

かみさんよくついてくる。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

展望台からの眺望はさすが。

途中の桜並木に花が咲くころは、さぞかしピンクの山になるだろうなと、容易に想像ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲は瀬戸内海に囲まれていますので、その海の色との対比が素晴らしいのだと理解できます。

 

その時期はとんでもない人であふれかえると思いますが、ぜひ一度は来たいものです。(今年はコロナで人がおらず最高だったようです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道中の森も素晴らしく、セミの声と鳥の乱舞はどこまでも続いていました。

豊かな生態系です。

 

三叉路まで帰り、車で岩城港に向かいます。

その海の駅にある「レモンハート」でレモンポーク丼をいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、まだチェックインまで時間がありますので、この周辺の探索です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

島ならではの細い路地や昔の建築様式を楽しみながら、途中の資料館にも立ち寄り、

八幡様にも感謝奉納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体も温まりすぎたし、何とかチェックインできるかなという時間になりましたので、本日の宿、菰隠温泉ホテルに移動。

15:00に部屋でそそくさと着替えて、ホテル下のプライベートビーチに移動。(私だけ)

 

 

 

 

 

 

 

一人で海を満喫します。

泳いで、

プカプカ浮いて、

磯に上陸したり、

でもまたプカプカしたり、

 

何年振りか忘れるほどに久しぶりでしたが、海を楽しめました。

 

田舎の小学校ではプールがなくて、学校から歩いて海に移動し、海で泳ぐ体育の授業が普通でしたから、この感触に慣れているのです。

何時間でも浮いていられます。(笑)

 

ただ、沖合は恐ろしいほど流れが速いので(瀬戸内は下手な川よりすごい)、沖に流されることだけ気を付けながら、それでもウトウトしてたら流れていましたが・・

そんな感じで日が傾くまで遊んでおりました。

 

さて、そろそろ上がるかなということで部屋に帰ってまいりましたら、17:00を過ぎておりました。

 

ではではお次は温泉で楽しみましょうということで、展望風呂へ。

どこからでも海が見えるレイアウトの宿ですので、飽きることがありません。

風呂も一人で楽しめました。

 

食事に移動する途中に、夕日を見ようと鼻に立ち寄り、沈むまでの色を楽しみます。

本当に久しぶりに海に伸びる夕日を楽しめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事も食材、味ともに素晴らしく、良い一日を過ごせたのでした。

 

夏は一人でキャンプに行ったりして、かみさん孝行ができてないのもあり、そのうち外遊びもできなる思いもあり、8月は遊び倒したわけであります。

 

 

 

近々のお客様の故郷でもあり、以前から興味もあった場所ですが、とにかくここは素晴らしい。

私にとって、とてもちょうどよい島でした。

 

(県の補助、Gotoの補助でもたすかりました)

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索