青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
必然の中の偶然
2013年3月3日 | 雑記

穏やかなひな祭りの本日、 やっと春めいてきた日差しの下で、 平和な気持ちでコーヒーなんぞを頂いています。

先週は仕事の合間に、あいキャン報告書の表紙印刷や、DVD編集仕上げ、キャンプ地柳沢公民館様へのご挨拶と置かせて頂いていたキャンプ道具一式の一部の引っ越し、そしてあいキャン倉庫への搬入整理、泊まり込みの次世代活動会議等、まあまあ充実した日々を送らせて頂きましたが、実は大変なことを抱えつつの一週間でもございました。

なんと、 やっとの思いで完了したビデオ編集なのですが、いざ最終のDVD化しますと、 音と映像がずれるというハプニング。

これは致命的な欠陥でして、どうにもこうにも修復しなければならないのですが、これがどんなにチャレンジしてもうまくいかない。 一体何十時間苦心したことか・・

そんな重い気持ちを引きずったままの週末だったのですが、昨日、二日酔いと傷心と疲労のトリプルパンチの中、私にとっての姉さん的な人物よりある人を紹介したいとの連絡があり、正直ふとんで倒れていたかったのですが、それはそれ、ありがたいお気持ちには素直に従うべく出かけて行ったのでした。

紹介された女性社長さんは、やはりどこかのお星様からやってこられた、またまたぶったまげたお方でございました。

還暦過ぎだと思われるのですが、その気配は全くなく、実に情熱にあふれた魂がメラメラと燃え盛っており、しぼみかけている私は思わず火傷しそうでございました。 (アッチッチアッチッ!郷ひろみ風)

しかしとても面白いお話も聞かせて頂きましたので、またこれからのお付き合いが楽しみになりました。 べっぴんさんのお嬢さんもご一緒でしたが、次回のマーブルデーが楽しみです。

して、そんなお話をさせて頂いている最中に、姉さんは私の隣で私の頭や首筋に手かざしを行い、気を送りこみ、気の循環を促進しようとしてくれているのです。 「頭が詰まってるねー」なんて言いながら黙々とやってくれているのです。 本当にありがたい姉さんです。 感謝!

知らない人から見れば、なんじゃこの集団は・・  ということなのでしょうが、 ここはブルーマーブルなので何でもアリなのです。というか、こんな場所なんです。(笑)

変人奇人のルツボと言ったところでしょうか?

本来普通人の私が行く場所ではないのですが、隣なので行っているだけなのです。(?)

まあそんな感じで過ごさせて頂いた後、事務所に帰り、懸案のDVD化に再チャレンジしていた訳ですが、ふとある手法に気が付きます。

今までやったことのないやり方ですが、なんかやれそうな気がします。

チャレンジ!

 

やりました!

クリアしました!

スゴイ!

できた!

 

姉さんのパワーのおかげです。

ひらめきが生まれました。。

ありがたやありがたや。。

 

ということで、なんとか目鼻が整って参りましたことだけご報告させて頂き、来週のあいキャン解散式に臨みたいと思います。

まあこの後もDVDの200枚ダビングという未知なるゾーンが待ち構えていますが、最後の最後のあいキャン事業だということを肝に銘じ、心から楽しみながら最後を迎えたいと思います。

「すべての機会は必然である」

そんなことを改めて感じさせていただいた濃厚な一週間でした。

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索