青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
肌感
2020年12月7日 | 雑記

先月末、お客様のホテルが開業されました。

中心部の好立地に、松山初進出となるコンフォートホテルのオープンです。

世界トップ規模のコンフォートが、地方都市にていかなるサービスを提供するのか、興味もありましたので、Gotoを利用していってまいりました。

予約のあとに、試泊のお誘いをうけたのですが、日にちも合わなかったので、そのまま予定通りに土曜日夕方にチェックインです。

 

15時くらいに自宅を出発し、徒歩にて松山城経由で花園町まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光客気分も多少味わいながら、日の傾きかけた街を楽しみながらのお散歩でした。

 

 

16時過ぎにホテルに到着。

受付前で検温等のチェックを受け、いよいよチェックインですが、対面ではなく、すべて「機械」です。

パネルタッチで進んでいきますが、いよいよどうにも行ったり来たりで相性が悪い。。

初めての体験ではありますが、支払いもカードでその場でおこなうので、かれこれ時間もかかりました。

慣れた人にはこの方がいいのでしょうけど・・・

おっさんにはきつい。

 

なんとかカードキーも発行してもらえ、エレベーターへ乗り込みます。

が、

階数のボタンを押しても動かない。

 

なんやねん、これは! と叫びながら動いたと思ったら、別の階。

よくよく見るとカードキーをエレベーターに近づければその部屋の階のボタンが表示され、そのボタンを押すということらしい。

もうすでにここまでで疲れている。

 

時代の速さにまるでついて行けてない。。

 

部屋に入れば、あらゆるサービスがディスプレイを通して行われるようであるが、テレビを見るのもままならない。

なんかもう帰りたくなる。(笑)

 

今はもうこんな時代なんですね。

温泉旅館のアナログが懐かしい!

 

 

すでに老人化していることに気づかされた私は、せめて食事は古臭い店でと思い、関西風のお値打ちな居酒屋へ向かう。

すべてうちの事務所の近所の世界なんですが、事務所の周りの居酒屋に行くこともないので、かえって新鮮ではあります。

 

たらふく食べて、飲んで、二人で5000円。

お値打ちでした。

 

その後寄り道もせず、素直にホテルに帰り、少し慣れたエレベーターに乗り、少し慣れたテレビを見て、風呂入って寝ました。

 

 

翌朝の朝食は無料サービスですが、この朝食が人気があるらしく、すごい人でした。

確かに内容は素晴らしく、無料なら絶対食べるでしょ。

goto利用ではありましたが、二人で1泊朝食付が計4700円。

 

普段使いできそうな感覚でした。

 

地元の旧態然としたホテルはこれからどうなるのかと、心配になります。

否応なく変化の波は押し寄せています。

あらゆる世界が変わろうとしています。

 

肌で感じた1泊でした。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索