青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
芽吹きの季節
2015年3月25日 | フレッシュ・リーブス, 雑記

2015年3月20日

5年目の春を迎えたばかりのカフェ「ブルーマーブル」は閉店した。

オーナー藤山 健をはじめ、とてもステキなスタッフの面々と共に過ごさせていただき、多数の個性的なお客さんと共にも過ごさせていただいた私の居場所が幕を下ろした。

藤山オーナーの教職への転職がその理由である。

食に対する知識と、生産者や行政、その他諸々の知識人たちをつなぎ合わせ、愛媛の食産業に貢献してきたこの男の選んだ次なる道は、愛媛学園の正教員として本腰をいれ、若者を育てる事と、従来通りの各地域での啓蒙啓発活動をつないでいく仕事ということである。

それまでの、あまりに多岐に渡る仕事内容を整理する意味でも、今回のカフェ事業からの撤退は英断だと思う。

ますますこれから選択した事柄に対して、集中して貢献していくことだろう。

カラダのことも大事にしながら頑張ってね。(笑)

 

そんなことで、その閉店を知った数々のというか、大量のお客さんが先週はつめかけ、私も毎日顔を出していたのだが、あまりにも知り合いが多すぎで話が途切れず、正直ぐったりとなってしまい、週末土曜日は動けなくなってしまった。

翌日曜日は藤山氏のお別れ会という具合で、また友人知人と盛り上がり、もうこっちが死にかけです。

でもほんとうれしい限りです。 藤山氏もとても喜んでいました。しんどそうでしたが・・ (笑)

長い間お疲れ様でした。

あなたが作ってきた一つの文化は、必ず受け継いでいきます。

共有してきた目に見えないものを、大事にしていきます。

心置きなく次の場所でご活躍くださいませ。

応援しております。

 

 

という感じで未だに本調子ではありませんが、本調子でないのはその事だけではありませず、実はブルーマーブルの次の展開を考え続け、準備してきたこの数週間の疲労こそが原因であります。

まったく聞いた事がない事業に取り掛かり、準備や契約書の作成にのた打ち回っております。

新しい事を始めるのは楽しい事なのですが、同時にめちゃくちゃしんどい事でもありまして、そんな事を繰り返してきた人生ではありますが、またやっちゃったかな?的な後悔はない

・・ と 思う 。 (苦笑)

 

まだちとお知らせできる段階ではありませんので控えますが、しんどい事の続く毎日は、しばらく続きそうである事は間違いないでしょう。

スパッと終わらせる事は簡単なのですが、 それもかなわぬ段階に来た事も事実かな?

昨夜も18:00から23:30まで4回目の全体会議でしたが、クタクタになります。

が、 それだけみんな真剣だということでもあります。

あと半月くらいの辛抱かな?

いやいやそれからが大変だったりして・・

 

 

そうそう、 21日からのブルーマーブルは、店長だったなっちゃんが3月末までの限定カフェを開いています。

「なっちゃんカフェ」は、一日で「えっ」っていうくらい変わった部分があります。

「最後好きにしていいよ」というオーナーの言葉が引き金になったのかどうかは知りませんが、若者たちがもうすでに作り出しています。

1週間限定のカフェから次の芽吹きが始まっています。

小春日和の中、 新芽の生まれるささやかな音を楽しみに来てみませんか?

初々しい心の芽吹く音を。

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索