青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
見上げる伯耆大山
2020年9月30日 | 趣味

9月21日6:00起床

朝風呂を済ませ、朝食をいただき、軽く身支度を整え、朝のお散歩へ出かけます。

本日の予定は、この周辺を楽しみつつ帰宅すること。

時間制限なし。

 

 

朝の斜めの光を浴びながら、宿の周りを散策します。

休暇村・蒜山高原自体が国立公園内に位置するため、この場所そのものも見事なものなのです。

朝の光を浴びた蒜山山は素晴らしく、今度は登らせていただこうとムラムラしますし(笑)、あくまでも草原が広がる大地に非日常を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩みを進めると、大山が見られる場所もあり、素晴らしい環境下にいることを改めて思います。

 

そんな公園内ですが、ご多分に漏れず、「愛の鐘」なるものまで用意されており、かみさんはさっさと鳴らし、「あんたは鳴らさないのか?」と問い詰める始末。

くそったれがと思いながらも鳴らしてしまう私は誰?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても散歩だけでかなり満足してしまいます。

人気の宿ですが、お勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではそろそろ大山に近づいていきましょう。

ということで立ち寄ったのが、鬼女台展望台。

 

 

 

 

 

 

いきなり大山近っ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが百名山と言える存在感です。

ここも登りたい場所です。(まだ行けてない)

 

 

そしていよいよもっと近づいていきます。

 

すそ野がものすごく長く、結構急な登りがひたすら続きます。

 

大山まきばみるくの里に到着しますが、ものすごい人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大山を見上げ、また日本海まで見渡せる絶景ゆえ、集まるのでしょうね。

ソフトクリーム延々長者の列ゆえパス。

 

また来ますねー、と軽く誓い出発です。

 

 

 

ゆっくりプランで心軽やかに瀬戸内まで帰り、久しぶりの与島で休憩したのち帰還いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう極端な自粛はやめて、常識の範囲内で自分を解放していこうと決めてからは、動きが軽くなりました。

行く場所さえ吟味すれば、人とかかわらずに自然を楽しめます。

 

知らぬ間に病気になってしまうより、事前に自己開放してあげましょうね。

それほどまでに、今回の余波は細部に渡ってしみ込んでいるように思います。

 

私の周りの人たちは、私のおすすめの場所に何人か行ってこられたようですが、さっぱりした様子でした。

 

まだしばらく続くこの環境。

 

抜くところは抜きながら、気長に付き合ってまいりましょう。

 

ご参考まででした。。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索