青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
進化
2020年3月23日 | 雑記

親がらみの、諸々の問題に出会ってからのこの2年、

一つずつかかわり、

様々な友人知人の力を借りながら、

少しの光明に癒されながらなんとか今を過ごせている。

 

なんともはや釈然としないこともたくさんあるが、

意識しているのは、「正当にやる」こと。

あくまでも正攻法で生きる選択をすること。

 

法律も何もかもどんどん変わっていく。

それに対して昔はこうだああだといったところで仕方がない。

「今」を「正当」に生きる。

変化を恐れず、嫌がらず、このやり方で自らを変革する。

 

 

 

ブレイディ みかこ氏は言う。

 

現実は矛盾するものが混然とし、両義的なものであふれている。

たとえば、傷つけあうことと深く理解することが、結び付く場合もある。

他者が嫌いなのに他者を求める。

愚かで負けだとわかりつつ、嫌いになれない。

そんなことばかりで・・

 

遠藤周作「イエスの生涯」で、イエスは奇跡なんか起こせなかった、つらい目にあい、泣いている人たちに寄り添っただけだ、と書いている。

高校生だった私は号泣した。

そんなイエスなら信じられると思った。

救われた気がした。

無力な人、役立たずな人だからこそ、清らかで美しい。

美意識としか言いようのないものがずっとある。

自分を壊し、変わるのを恐れないでいたい。

 

 

 

世界も、国も、社会も、会社も、個人さえ変化を余儀なくされる時代の始まり。

変化を楽しんでやりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索