青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
風にそよぐ天国
2018年5月21日 | 雑記

5月30日は息子の誕生日である。

そろそろだなあと思いながら、何とはなしに息子にメールを送る。

 

「なんかほしいものある?」

 

大体において、「大丈夫」「いいよ」等のお返事が返っていたような気がする。

ところが今回、「某ブランドのテント・タープセットがほしいかな」ときた。

 

「おおっ、高いがいいやつじゃん」と内心思う。

「家にある1万くらいのテントを送ったげるわ」と返信する。

すると

「30歳の節目なので頼みます」とすかさず返信が・・

 

えっ、30歳かと、ちとびっくりする。

28か9かなとは思っていたのだが、もう30か。。

 

間違う親も親だなと思いながらも、少し感慨にふける。

 

私が29歳の時に生まれたのがこの息子であり、2歳くらいの時にはすでにディープなテントキャンプに連れまわしていた。

かれこれの冒険キャンプもしてきたなぁと思い出しながら、その子が、私が父親になったくらいの歳になったのだと妙に感慨深く感じてしまったのだった。

 

すでに彼の子どもも3歳を過ぎ、そろそろ一緒にキャンプでも行ってみたくなってきたのかと、勝手に想像をしてみる。

 

「カエルの子はカエルか」

 

そういうことなら彼のためだけではなく、孫のためにもひとはだ脱いでやるかと思ったもので、テントセットを贈る約束をしてしまった。。

 

甘いなぁとは思いつつ、

アウトドアの持つ独特の生活体験こそが、これからの人生の基になればいいなと願いつつ贈らせていただきます。

少しでも自然の中で、心と体を正常な状態に保ち、生きていくという意味を理屈ではなく、体験を通して身に付けていってほしいものです。

 

しかし・・

奴はテントを立てることができるのだろうか??? (笑)

 

まあ子供と嫁さんと一緒にワイワイやりながら過ごす時間こそが天国かもしれないね。

 

幸運を祈る。

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索