青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
高清水トレイル
2020年9月29日 | 趣味

9月20日6:00、素晴らしい東和楼での目覚めのあとは、地下通路を通って温泉へ向かいます。

こんこんと湧き出る透明なお湯につかり、体と心を目覚めさせ、本来の朝食の在り方のような食事をいただき、荷物をまとめ、女将さんの丁寧な見送りを受けながら出発します。

吉井川沿いの足湯に立ち寄りながらの出発でした。

 

 

 

 

 

本日のメインイベント、高清水トレイルの出発地点、人形峠駐車場はすでにそこそこの車が止まっています。

それぞれに山歩きの格好で、出発していきます。

 

 

 

 

 

 

 

私たちは初めて歩くコースですので、楽しみ半分、時間管理の不安が少々といったところです。

ゴール地点は約9キロ先の赤和瀬駐車場。

そこに13:00発のシャトルバスが迎えに来てくれる予定ですので、遅れないようにということだけ注意が必要です。

平地なら時間読みは簡単なのですが、初めて歩く山道は、アップダウン等が読めませんので、時間読みが難しかったりするのです。

おまけにかみさん一緒なもので、なおさら読めねえ・・・

 

 

ということで、トイレを済ませてスタート。

舗装路をしばらく歩き、登山道へと進みますと、それなりの森を楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稜線に出ると一気に展望が開けます。

そこにはなんと大山もくっきりと。

秋の混じり始めた風をたのしみつつ、気持ちよさに立ち尽くします。

 

そんな展望と森とをそれぞれに楽しみながら、あっという間に時間が流れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見晴らしの良い展望台にて、昼食(柿の種・ひるぜん焼そば風味)を済ませ、先へと進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立派な森をずっとずっと歩いてたどり着いたのは、「伯州山」

地域の方にとっての大切な山。

大山をはじめ、中国山地を一望できる素敵な場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そろそろバスが気になります。

残りの距離的に大丈夫だとは思うのですが、何が起きるかわかりませんので、少しでも余裕をもってと思うのですが、いろいろ立ち止まって見てしまいますね。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ゴールはバス発車の5分前でした。(笑)

 

 

そして4時間かけて歩いた距離を、バスは35分で戻ってしまいます。

車は早いねぇ。

 

 

メインイベントも無事終了し、一息入れようとガラス美術館に立ち寄ります。

このあたりでかつて採掘されていたウラン鉱石を使ったガラスで、紫外線を当てると鮮やかなグリーンに輝きます。

こんな平和利用であってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは本日の宿、蒜山高原に向けて出発しましょう。

 

段々に近づいてくる大山の姿に感動しつつ、蒜山高原のとある牧場に立ち寄ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり人間だらけの世界に変容し、少々戸惑いましたが、周りの空間が救ってくれます。

四の五の言いながら、結局ジャージーソフトクリームをほおばり、そこを後にします。

 

 

休暇村・蒜山高原には程よい時間に到着ですが、検温・消毒等の洗礼を受け、いきなりコロナ過であったことを思い出させてくれました。

今までの環境が、人とほぼ合わないところにいたものですから、ギャップがすごい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言いながら、ラドン温泉でしっかり疲れをいやし、ジャジー牛食べ放題で満腹になったことは否定しません。

これだけ食べて、一泊二食約6,000円。

今宵もGoto様様となりました。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索