青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
意識的真理
2010年3月25日 | 雑記

“真理は子どもの口から出る。

しかし、子どもは口にしたその真理の意味を知らない。”      プラトン

という言葉がある。

 

私の大師匠の言葉に

“問題は、なぜそんな道へ歩み出すのかではない。

すでに踏み出しているのだから。

生まれた瞬間からこの道を歩いているのだから。

問題は、この道を意識的に歩くのか、無意識のまま歩くのかということだ。”

という言葉がある。

 

この二つの言葉は似ている。

 

私は長い間、無意識的に真理めいた言葉を発しながら、理解しているふりをしてこの道を歩いてきた。  

しかし、自分が主体者として様々な活動を始め、責任と自由とを同列で考えることが出来るようになって、初めて意識的に歩くことが少し出来るようになった。

今まで当たり前のように口にしていた言葉が、今までの数万倍重く感じるようになった。

人の話を聞いても、以前何も感じなかったであろう言葉で、恐ろしいまでに感じることがある。

同じ人から、同じ時に、同じ話を聞いても、聞く人の意識レベルによってまったく別な話に聞こえることが分かってきた。

意識的に歩くために必要な体験を、今までさせていただいて来たことも分かってきた。

 

そしてもう一つ、

あらゆる道を、いつでも意識的に歩くための体験は、永遠に続きそうだということも ・・・

 

人生って、    凄かねー。

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索