青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
お宝映像 ?
2010年10月4日 | 雑記

私が剣道形を習いに通っている「武心館」という剣道場は、前にもご紹介させていただいているように加茂 功 教士 八段という最高位の剣道家が主宰しているわけですが、なんとそこに先生の後輩に当たるこれまた全国区の教士の位を持つ宮脇裕人さんが加茂先生と剣道形を私たちに見せてくれるためにやってきてくれました。

もちろん加茂先生がお誘いしてくれたお陰なのですが、この全国に知れたお二人による形が間近で見れるとは・・・  なのです。

先週の練習日、会社から帰る直前に先生からお電話を頂、急いでビデオの用意をして、撮影させていただくことができたのでした。

このレベルは本当に中々見れません。 何せお二人は何年か前の全日本剣道連盟主宰の剣道形模範演技者としてDVDにもなっているくらいの人たちなのです。   しかも目の前ですから・・

気を合わす事を「合気」と呼びますが、これができないとものすごい勢いで振り下ろされる木刀がモロにぶち当たり骨が砕けます。。  

一見簡単そうに見えますが、とてつもなく奥が深いです。

呼吸を合わせ、気を感じて、相手に合わせるという気持ちがないとこの「形」は決まりません。

もちろん形を覚えていることは当たり前です、  が、 実はこれが有段者でも案外間違えたりするのです。  実際、昇段試験では「形」は必須なのですが、毎年有段者同士でミスが起こり、歯が折れたり、流血したりしているわけです。

 

しかし、 この集中の世界は身も心も引き締めます。  見るものを圧倒します。

日本独特の「武士道」という世界感の中に、独特の美意識を感じてなりません。

茶道にしろ、華道にしろ、道のつくものは大概この武士の世界から派生しております。

それほど「形」という概念が完成されているのでしょう。   

お決まりのワンパターンなものというイメージではなく、その「形」にたどり着くまでが、空恐ろしいほどのプロセスの果てであったことだろうと想像するだけで、今、目前に広がる本物の世界が、遠い昔から脈々とつながっている多くの魂によって創られ、支えられてきたことを思わずにおれません。

 

この機会に、ぜひお楽しみ下さいませ。   ほんの少しでも触れてみてくださいまし。

なにせ、  ホンモノですから ・・・

 http://www.youtube.com/watch?v=kzRlotY_EBU

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索