青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
天国という場所
2010年10月10日 | ボランティア活動

本日は私の誕生日である。  実にめでたい ・・  ところではあるが、 子供たちは県外、 頼りのかみさんは実家に用事で帰省中。   おっ、 独身時代よろしく一人で過ごす誕生日か と思いきや・・

本日はあいあいアフターキャンプの日でもあったのです。

朝一よりメンバー数名と共にいつものレインボーハイランドへと向かい、受け入れ準備を整え、キャンパー家族を迎え入れます。  メンバーを含め総勢70名ほどでオープニングを迎えました。 

今回のプログラムは、開会式・いもたきを含むグループタイム・閉会式といういつもの流れですが、導入の全員が参加し、ハイタッチしながら大きな円を一周するものや、最後の歌いながらじゃんけんをし、負けたほうが勝ったほうの肩に手を添えてこれも最後は一つの円になるまで行うというもので、誰も欠けることなく全員に触れ合うということを意図したものでした。 そのおかげで無意識的に近しい存在として受け入れやすい環境を作り出すことに成功したようですし、また大切なこととして司会者が新人スタッフを中心に素朴ながら一生懸命にやっている姿が保護者さんやキャンパーに信頼として伝わるとてもアットホームなキャンプになったと思います。

もちろんそれ以外でも保護者さんも一緒になって行ったいもたき作りは想像以上に楽しくおいしく出来ましたし、なによりも参加しているという充実感、早朝より家族のおべんとうを作らなくてよいという一抹の安堵感など、こちらが意図したことを素直に受け止めていただけたのではないかと思える心安らかに感じられる時間でありました。

食事のあとも様々な保護者さんと子供さんのキャンプ中のお話や、日ごろのお話などを交換させていただき、知らない話や、隠れたお話などを聞くことが出来ました。 これは毎年行っていることではあるのですが、どうでしょう、 今年のこの安らかな時間ときたら ・・・

ちょっと前例がないくらいに感じたのは私だけでしょうか?

昨日までの雨もすっかり上がり、秋風のそよぐ中、時折差し込む日差しの力は最後の夏の太陽を思わせるに十分なものであり、日陰で冷えかけた体を心地よく暖めてくれました。 そんな気持ちよさも手伝ってのことでしょう、 しかし、 それ以上にキャンパー一人ひとりのこのキャンプに対する気持ち、 スタッフに寄せる信頼、 保護者同士の信頼、 お互いに共通する何か言葉では言い表せないもの、 そんなものを本当に感じさせてくれる一日でした。

帰りの車の中であるスタッフが、 「今回はキャンパーにすごく助けられた感じがしました」 という風に表現していました。 私も同感ですが、そのあとに付け足して彼らにお話させていただいたことは、

「複数の保護者さんからスタッフ一人ひとりは未熟さもあるけど、何よりも一生懸命やってることが伝わってきますよ、だから預けられるんですよ、とおっしゃっていただいた。 そのことは信じて頂いているということだよ、君たちは信じてもらっているということだよ、だから、信じられている君たちが一生懸命子供たちに接しているのだから、子供たちは何よりも安心できる、そしてそれはすなわち君たちが子供たちを信じられるということ、信じてもらえるから信じられるということ、信じられた子供たちは安心して自分を信じられ、自分に正直に表現することが出来る。 だからどんどん本当の自分に近づいて行くことが出来る、 だからこそ主体者としての存在になりえるからこそスタッフが助けられたと感じるのでは・・」 という主旨の話でした。                                      (最も車の中では言え切れなかった事として書いておくことは、この信頼していただけるには当たり前の話、「一生懸命の努力」なくしてはありえないことだけは触れておきましょう。 時々においてこの努力なしにうまい結果や成果が得られると思っている人もポツポツいらっしゃるようなので ・・会議にしろ、準備にしろ表に見えない裏方が大切なのです) 

このことは当たり前のことなんだろうけど、信心の連鎖を実践して現実に目の当たりにすることは早々ないとも言えます。

その稀な世界を見させていただけたということで、未だになんともいえない気持ちの中にいます。

これを天国と呼ばずして何と呼ぶのでしょう。  あの世に天国も地獄もないと思いますよ。

この世でどちらも創れるものではないでしょうか?

今日はおまけにキャンパーからのサプライズで、私の誕生日プレゼントまで頂くことが出来ました。

手書きのバースデーケーキでした。 一人ひとり少しずつ線描きされたそのケーキはどんな有名店のそれよりも光り輝いていました。   仕掛けてくれたスタッフさんもありがとう。。

一生で最初で最後の誕生日でしょうね。  自分で始めたあいあいキャンプの中で、しかもキャンプ中に、係わってくれるたくさんの人たちに祝福されるなんて  ・・   想像だにしませんでした。

 

たくさんの、 たくさんの 天使たちに祝福を ・・・

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索