青葉土地コーポレーション 青葉土地コーポレーション
ブログ
イブの想い
2009年12月25日 | 雑記

昨夜はブルーマーブルとナテュレの全社員さんとパルスデザインさんと青葉土地コーポレーションの合同忘年会であった。

パルスデザインさんはフレッシュリーブスに5年いてくださった方で、こんど目抜き通りの新ビルに出世移転される。 はーと・ねっと・くらぶ等のHPでもいろいろお世話になっているし、私にとっては公私共々大切な友人でもある。  まことに信用に値する人間であり、出し惜しみせず何でも言ってくれる。  

ちとさびしくなるのだが、まあブルーマーブルに指定席が出来ているようなのでまたサボりに来るだろうから、あまり会えなくなる様な心配はしていない。  今まで以上によろしく頼みます。

そんな彼らと、今年新しく入居してくださったブルーマーブルさんとこの数ヶ月で本当にステキなコミュニティーが生まれた。 パルスさんも私もお客として通っているだけなのに、そこでのスタッフの方々との何気ない会話や、オーナー直々の面白いお話やを聞いたりしたりしていると、本当に自分のリビングでくつろいでいるような気持ちになる。

これが行きつけの店と呼べる「関係」だろうと思う。

昨日の料理も各自持ち寄りで、蓋を開けるまで分からずじまいだったが、なんと ・・

ブルーマーブルオーナー自らの振る舞い料理でチキン丸焼き、健康野菜の水炊き(野菜がうまい)、大洲の秘境で極秘裏に作られ全て築地に出荷されてしまうこちらでは手に入らない見たことも無いしいたけ(いまでもまた食べたい)、オーガニックドリンクサービス、非売品スペシャルケーキ、仕上げの最高コーヒー。

パルスデザインさんは社長自らその日の朝から仕込んだおでん、北海道から取り寄せた直送のタラバガニ(生きていた)5キロ、これを焼いて食させていただいたのだがすごうま。

青葉土地は土屋鮮魚の刺身セットとおこわ、コロッケなどとマーブルさんへのクリスマスプレゼント。

みんなでわいわい手作りで作っていったパーティーは私が足痛のためノンアルコールだったこともあり、実に滞りなく、実にスムースに、実に気持ちよく流れていったのであった。(いかに酔っ払いの私がガンであることか・・)

 

それにしても皆さん本当に気持ちのいい方ばかりで正直驚く。  もちろん前から分かってはいるのだが、本当に気持ちのいい方達なのである。  気の使い方が自然きわまる。  自然に振舞えるということは実は結構難しい。  この人たちは恐らくどこでもそうやって生きている人たちなのだろうと思う。  いい方たちと私はお付き合いさせていただいているんだなあと素直に思った。

クリスマス・イブにふさわしい気持ちになれたひと時であった。  何よりのプレゼントである。 

感謝。

 

 

 

 

カテゴリ
月別アーカイブ
記事検索